La Perla Azzurra:商談会(1)

  • 2018.08.24 Friday
  • 15:01
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

先日La Perla Azzurra(ラ・ペルラ・アズーラ)社との商談をおこなってきたので、本日はその様子を記事にしようと思います。

今回の場所は青山です。イタリア大使館の担当部署が駅に直結したビルの中に入っています。

当日はアズーラの社長である、ボルドリーニ氏と営業の人が来ていました。

通訳さんもイタリア語担当の方と、英語担当の方で、おふたりいらっしゃいました。

よ、良かったです(゜゜;)汗

このときには当店から注文を入れていたので、当日はすごくスムーズに話が進みました。

商談用の部屋には革が展示されています。

こんな感じです。

IMG_3858.JPG

ベリー(腹側)の展示もありました。

IMG_3850.JPG

IMG_3866.JPG

展示されている革にはそれぞれタグが付いています。(こちらはオールドイングランドという革です。)

IMG_3853.JPG

当店でもおなじみの、エルバケーロがありました。

IMG_3860.JPG

IMG_3863.JPG

表ではなく床面側に迷彩の柄付けを施したBELLICO(ベリッコ)なんていう革もあります。

IMG_3862.JPG

迷彩で柄付けを行ったあとに、表面にスクラッチ加工をした革もありました。名前はEL RICCIO(エルリッシオ)です。

IMG_3861.JPG

こちらは迷彩シリーズで、アンティーク仕上げのDESERTO STORM(デザートストーム)です。

IMG_3854.JPG

今回直接聞いてみて初めて知ったのですが、エルバケーロの柄付けや、そのほかの加工などはほとんど外注に出しているそうです。

以前ほかのタンナーからも迷彩柄は出ていると書きましたが、単純にすべて外注に出しているというだけだったようです(゜゜;)

うーん、これは不勉強でした。。

申し訳ありませんm(_ _)m

「うちは型押しくらいなら自分たちでやっちゃうよ^^」、というタンナーもあって、「イタリアタンナーはそういうものか(゜゜)」と油断してしまったのですが、あとで聞いたらそういったタンナーは従業員数(=売上規模)などが全然違いました;

ベリーを得意とするグレノブル(Conceria Nuova Grenoble)ってタンナーがそんな感じなんですが、この間のレザーフェアで聞いたら、彼らは30人くらいいるんですよね;

アズーラは現在従業員12人だそうですが、よくよく考えてみれば10人ほどの人数のタンナーが、加工機を何台も持っているというほうがおかしいですね(^^;)

あとになって色々聞きましたが、これは例えばワルピエ(Conceria Walpier)のような、アズーラと同格の他のタンナーも同様のようです。

冷静になって考えれば、従業員10人前後の小規模タンナーなら、加工の革は外注に出しているということくらい分かることだったのですが、アズーラやオットチェントの革を取り扱わせてもらえることに浮かれておりました(T_T)

本当に申し訳ありませんm(_ _)m汗

(革屋であれば思い至って当然の話だったと思います。お恥ずかしい限りです;)

そんなわけでアズ―ラは、鞣しに特化したタンナーということになります(^^;)


ちょっと話が逸れました;

気を取り直して、革の紹介を続けさせていただきます。

MISSOURI(ミズーリ)も展示されていました。

IMG_3892.JPG

ミズーリはプルアップの強いオイルレザーです。

当店にもブルーやレッドが入荷しています。

ナチュラルとキャメルはサンプル品がわずかに残っています(^^)

カテゴリー:革(カット) > MISSOURI(ミズーリ)


こちらはAMAZZONIA(アマゾニア)という革で、プルアップレザーのツヤなし仕上げになってます。

IMG_3891.JPG

アマゾニアはミズーリのツヤなしバージョンと考えてください。

奥のミズーリとはカラーが違うので、比べにくいと思うのですが、ツヤに差があります。

展示品とはカラーが違いますが、アマゾニアは当店にもサンプルとして入荷しています。

サンプル品なのでセール価格になっています。残りわずかですが、ぜひお試しになってください(^^)

以下のカテゴリーからご覧ください。(サンプル品がなくなっていたらすみません;)


カテゴリー:革(カット) > AMAZZONIA(アマゾニア)


こちらのBE-ROK(ビーロック)は今年出たばかりの新作レザーだそうです。

銀面は顔料で仕上げをしているようで、使い込んだり、キズを入れたりすると下地が出てくるようになってます。

IMG_3882.JPG

VOLANATO(ヴォラナート)はシボありです。

IMG_3883.JPG

引っ掻くとこんな感じになります。こちらは下地がオレンジですね。

IMG_3885.JPG

シボなしだとこんな感じです。(店長高橋がひとりでここまでしたわけではありません;)

IMG_3884.JPG

いや〜、これは面白い革ですね〜!

ベルトや靴に使ったみるのもよさそうです(^^)


こちらには生成りの革が並んでいます。

IMG_3855.JPG


一番右側のOTELLO(オセロ)も今年の新作だそうで、下地用として染色や二次加工もできます。

当日はシボありのヴォラナートのみが展示されていましたが、スムースとヌバックもラインナップされています。

オセロの特徴のひとつに単価が挙げられます。

仕上げされた革に比べて、けっこうお安いんです(^^)

ただその分、傷などの生地(原皮)の内容は若干ランクが落ちるかもしれません;

NATURALE(ナチュラーレ)とVACHHETTA(バケッタ)も生成り革の仕様違いって感じみたいです。

IMG_3895.JPG

バケッタの方はナチュラーレに比べて、やや色が濃くなっています。

加脂工程に工夫をしたバケッタレザーですね。

IMG_3896.JPG

次回の注文時には生成り革のどれかを入れてみようと思っています(^^)


展示の革だけでまだまだあるのですが、長くなったので残りは次回にしようと思います(^^;)

ご期待ください。

ご覧いただきありがとうございました!


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

価格改定のお知らせ

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 14:28
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

本日は価格改定のお知らせになります。

急で申し訳ありませんが、来月カットレザーの価格改定を行いたいと思います。

今回の改定でカットレザーの中でも、値上げになってしまう商品と、値下げになる商品とがあります。

具体的には、傷があったり、形がいびつなものは値下げになるのですが、より取り都合に優れたものは値上げになってしまいます。

値下げ、値上げともにデシ単価で数十円ほどを予定しております。

当店のカットレザーは、これまでも傷の有無や、取り都合などによってデシ単価に差がありましたが、これまでより更に革の状態を反映した価格設定を目指して、今回の改定をさせていただくことにいたしました。

「傷があっても構わない」という方や、「小さいパーツ取りが主体」という方は、これまでよりお求めやすくなる一方で、贈り物などで「なるべくきれいなものが必要」や「大きくパーツを取りたい」という方へはかなりのご負担増になってしまうと思います。申し訳ありません。

全てのカットレザーの価格が変わるわけではなく、変わらない商品の方が多いと思います。

またこれまでに入荷済みの商品も変更を行う予定ですが、値下げになる商品の価格変更は本日以降、先に行う予定です。

値下げ予定の商品については、変更前にご注文いただいたとしても、新価格で販売させていただきます。

値上げになる商品については、価格の変更を来月10日に行いたいと思います。

10日までに掲載する商品は値下げ予定のものは新価格、値上げ予定のものは旧価格になります。

もし掲載しております商品で、ご検討いただいているお品物がございましたら、お早目にお求めいただけたらと思います。

個別の商品の価格変更の予定はお気軽にお問い合わせください。

今回の改定では、カットレザー以外の商品には変更ございません。

また先日なのですが、10月からの契約しているゆうパック送料変更の打診がありました。

まだ細かい金額は未定なのですが、こちらも大幅な値上げになりそうです・・(T_T)

送料については配送会社の変更も検討しておりますので、詳細が決まり次第、お知らせいたします。

今後ご負担増になってしまう方には大変申し訳ありません。

何卒よろしくお願い申し上げます。


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

Conceria 800:プレゼンテーション

  • 2018.08.17 Friday
  • 20:32
こんばんは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

本日はオットチェント社のプレゼンテーションに参加した際の様子をお送りしようと思います。

まずは場所なのですが、今回はイタリア大使館でした。

IMG_0132.JPG

大使館入口には自転車が飾られていました。

IMG_0133.JPG

店長高橋、イタリア大使館には初めて行きました(゜゜;)

さすがに大使館となるとフラッと入ることはできないので、当日も入館証となる招待状を持参しています。

(招待状は事前にメールで送ってもらっていました。)


大使館内の写真は当日撮影の許可を得ているのですが、写真をブログに載せていいか聞くのを忘れてしまったので、後日大使館に確認を取りました(^^;)

当日はあいにくの雨だったのですが、大使館内から中庭の景観は素晴らしいものでした。

IMG_0141.JPG

すごく素敵です。

IMG_0142.JPG

IMG_0143.JPG

今回はオットチェント社の社長自らが来日して、自社製品のプレゼンテーションを行う、という催しになっています。

革のサンプルが展示されていました。

IMG_0134.JPG

IMG_0135.JPG

IMG_0136.JPG

く、暗い!(゜゜;)

すみません、当日館内の照明があまり強くなく、写真がかなり暗くなってしまっています;;

当初予定されていたのは別の場所だったのですが、人数が予定よりも多くなったそうで、直前で急遽開催場所が大使館に変更になりました。

またこれらの革はどれがどういう革なのか区別がありません;

商談会であればタグがついていたり、名称が裏書きされていたりするのですが、今回はそういった催しではないので、あくまで展示だけっていうことですね。

この辺りはイタリアの人たちの大らかさを感じさせてくれます(^^;)

(靴やバッグの展示もありましたが写真撮り忘れました;すみません;;)


当日会場にはかなり多くの人が来場されていました。

ざっと数えさせてもらったところ、おおよそ110人くらい。

多いですね(゜゜;)

問屋さんもいらっしゃったようですが、大部分はメーカーさんのようでした。

あとでお聞きしたら個人経営の方や、小規模なブランドさんもたくさんいらっしゃっていたみたいです。

中には北海道からいらした方もいたそうです!すごいですね〜!

用意された椅子に座って待っていると、しばらくしてプレゼンテーションが始まりました。

オットチェントの社長直々にお話してくれます。

営業さんにはレザーフェアでお会いしたことがありますが、社長をお見かけするのは初めてでした。

こちらがオットチェント社の社長、ルイージ・カローティ氏です

(遠くてすみません;)

IMG_0137.JPG

IMG_0140.JPG

IMG_0138.JPG

プレゼンテーションは、オットチェントの取り組みについてが主な内容になります。

内容そのものについては、オットチェントのウェブサイトに書かれているものと、ほぼ同一になっています。

オットチェントのウェブサイトはこちらです↓


http://www.conceria800.it


上記のサイトのFILOSOFIA(哲学)のページで腕組みをしているのが、カローティ氏です。


いろんなお話を聞くに、やはりオットチェントは別格なのだと、改めて思い知らされます(゜゜;)

(オットチェント単体の従業員数は大体30人くらいだそうですが、本国でオットチェントの属するグループは、全体で5000人くらいいるそうです。。スゴイ規模ですね;)

この少し後にアズーラ社と商談が出来る機会があったのですが、アズーラの営業さんの前で「そういえばこの間、オットチェントと話す機会があって・・(゜゜)」と話をしていたら、


『オットチェント!?いや〜、、あそこはすごいよ。グループがめちゃくちゃデカい。ほんとにすごいトコだよ^^;』


と言って笑ってました(^^;)

イタリアでも、現在ピット鞣しをおこなっているタンナーとなるとかなり限られるので、そういう意味でも本国の知名度はピカイチのようですね(^^)

(革質でいうとオットチェントとアズーラは同等です。)


またオットチェントの社名の由来は8世紀、というところから来ているそうです。

8世紀はバケッタ製法が生まれた時代だそうですが、古き良き時代に想いを馳せる意味で、社名を800(オットチェント)にした、と言ってました。

千年以上昔を想うなんてなんだかロマンがありますね〜(^^)


さて今回はそのバケッタ製法についてもプレゼンテーションがありました。

店長高橋自身も初めて知ったのですが、バケッタ製法は加脂の際に水を使わないのが特徴なのだそうです。

バケッタ製法はトスカーナを発祥とし、非効率とされて行われなくなった時代を経て、復刻された現在もトスカーナを中心に行われている製法です。

「古い製法を現代に復刻して、ゆっくりと脂を加える」というのがバケッタ製法だ、という説明は聞いていたのですが、水を使わないというのは初めて聞きました(゜゜)

通常は乳化させた状態で革に加脂をするんですが、それを水を使わずに加脂する、というとものすごく時間が掛かりそうです(゜゜;)

(実際すごく時間が掛かっているみたいです;)

話を聞くと、バケッタ製法というのは鞣しの製法ではなく仕上げの一種、という感じですね。

オットチェントはピット鞣しのバケッタ800のみ、バケッタ製法と呼んでいますが、イタリアのほかのタンナーはドラム鞣しでもバケッタと呼ばれる革があるので、鞣し(タンニンの含浸方法)は大きく関係しているわけではないようです。

使われる油脂についてもお話があり、オットチェントでは牛脚油や魚油などを加えたブレンドオイルを使用しているそうです。

バケッタ製法については、特徴や使われる油脂の種類まで社長が直々にお話をしてくれたので、非常に勉強になりました(^^)

このあと、説明会場の隣の大部屋で、軽食と飲み物の振る舞いがありました。

(ここも写真撮るの忘れました;;)

軽食はイタリア産のチーズなどが中心で、お酒もありました。

店長高橋はアルコールがまったく飲めないので、当日は炭酸水を飲ませてもらっていました;

なんだか以前もこんなことを書いた気がします(゜゜;)


軽食をいただいた後にサンプルをもらって、会場を後にしようとしていたのですが、なんと帰る直前にカローティ氏とお話する機会に恵まれました!

オットチェントのようなスーパータンナーの社長と直にお話できるなんて、なかなかありません(゜゜;)ウレシイ...

せっかくなので社長に直接原皮のことなどを質問させてもらいました。

(通訳さんといらしたので、会話はスムーズでした^^;)

社長曰く、


『ウチも原皮にはこだわっているよ!一部の薄い革を除いては、全部フランス産だからね!^^』


だそうです(^_^;)

『ほぼフランス産だと思っていいよ!』ってことで、もっとアピールして!って感じみたいです。

実際にお話ししてみて思いましたが、社長はすごくチャーミングな方でした^^;笑


そんな感じで当日はとても勉強になり、すごく楽しかったです。

当日配られていたサンプルは、オットチェントの定番品だったので、当店のブログにも登場したことがあるものばかりなのですが、カラーに多少の変更があったので、今度ご紹介したいと思います。


次回以降はアズーラとの商談会の様子を記事する予定です。

お楽しみに!(^^)


ご覧いただきありがとうございました!


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

一周年とお知らせ

  • 2018.07.13 Friday
  • 18:38
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)


早速ですが先日当店は一周年を迎えることができました!


ありがとうございます!!


正直思い付きから始まった当店が一年続くとは、店長高橋自身も思っておりませんでした(゜゜;)

これもこれまで当店でお買い求めいただいたお客様のおかげです。

本当にありがとうございますm(_ _)m

これからも当店は面白い取り組みを考えていきたいと思います。

今後ともナットレザーを何卒よろしくお願いいたします(^^)


一周年を記念して、わずかですがセール品に商品を掲載しておりました。


グループ:セール品


すみません、1日よりアズーラ社のベリーサンプルや、バケッタ800を半額で掲載していましたが、ほとんど売り切れてしまいました;;

セール品ついては長期在庫品やサンプル品など、今後も若干量を追加していく予定なので、時折ご覧いただけたらうれしいです。

サンプル品にはアズーラ社のエルバケーロも、ショルダー1枚分だけですが登場します。

通常価格からデシ50円引きくらいになる予定です。他にもサンプル品ならではの、珍しい革の掲載を予定しています。

ご期待ください(^^)


先日ご紹介した真鍮製のレールバングルと、レールリングですが、こちらもおかげさまで大好評です!

あっという間に在庫が無くなってしまったので、金物屋さんに無理を言って、あるものを少量送ってもらいました。

ものによっては10個もないので、またすぐ品切れになってしまうかもしれません(゜゜;)スミマセン...


カテゴリー:アクセサリー金具


そのほか真鍮金具も多数ご注文いただいておりまして、在庫切れのものあるのですが、いま作ってもらっているので、入荷まで少々お待ちくださいm(_ _)m汗


さて続けてお支払い方法の追加など、いくつかお知らせです。

先日よりお支払い方法に、いくつか新しい決済手段を導入させていただきました。

一つは楽天ペイの分割払いに対応しました。

楽天IDをお持ちの方は、ぜひ楽天ペイをご利用ください(^^)

楽天IDでお買い物をしていただくと、楽天ポイントが貯まります!

当店の会員登録でも、通常1%のポイントが貯まるようになっているのですが、なんと当店の会員の方は、楽天ペイでしたら二重にポイントが付きます!

二重にゲットしていただくには、当店の会員登録が必要なのですが、気が向いたらぜひご登録ください。二重になるとけっこうお得です(^^)


もう一つはYahoo!ウォレット決済に対応しました。

実はYahooショップの方も、オープンまではこぎつけたんですが、力足らずですみません、まったく商品管理が出来ていない状態です(T_T)

オンラインショップの運営もままならない状態で、他サイトへの出店はご迷惑をお掛けするだけでございました。

申し訳ありませんm(_ _)m

楽天ID同様、YahooIDをお持ちの方にも、もっと簡単にご購入手続きをしていただけるよう、なんとかYahoo!ウォレット決済を導入させていただきました。

こちらも申し込み件数が相当多いらしく、審査に時間が掛かってしまって、導入が遅れてしまっておりました。すみません;

YahooIDをお持ちで、クレジットカードなどお支払い方法を登録なさっている方は、Yahoo!決済をぜひご利用ください。

Yahoo!ウォレット決済は当店での通常のクレジットカード払いや、上記の楽天ペイと同じく、分割払いに対応いたしております。

さらにクレジットカードのボーナス払いにも対応しております。

1枚革など、どうしても高額になりがちな商品のお支払いを、「ボーナス時期にまとめて払いたいなぁ・・」という方はぜひ、Yahoo!ウォレット決済のボーナス払いをご活用いただけたらと思います。

※ボーナス払いには対応可能な時期とそうでない時期がございます。恐れ入りますが、対応可能時期はお持ちのカードのカード会社へお問い合わせください。


ただすみません、当店で利用しているショッピングカートが、現在Yahoo!ウォレット決済に完全に対応できておらず、お手続きは後ほど当店よりお送りするメールで行っていただくようになります。

ちょっとお手数なのですが、ご注文内容が確定しましたら、決済用のURLを記載したメールをお送りさせていただきます。

そちらのメールに記載のURLより、お手続きを行っていただくようになります。

お手数お掛けしてすみませんm(_ _)m汗

実際にはメールのURLからお手続きに進んでいただくと、当店でご利用可能なお支払い方法がすべてお選びいただけるようになっています。

お手続きの時点で、お支払い方法の変更も可能です。(例えば、「やっぱり気が変わったからコンビニ払いで!」ということでも全然問題ありません。)

Yahoo!ウォレットをお選びいただき、決済用メールをお送りした後に、お支払い方法の変更があっても、当店にご連絡の必要もございません。

残念ながら当店のYahoo!ウォレット決済では、Tポイントは貯めることができません。

1枚革など高額な商品でTポイントを貯めたい!という方はご相談ください。

Yahooショッピングサイトからお手続きいただけるよう、専用の商品ページをご用意するなど、対応させていただきます(^^)


また以前より当店では、革やファスナーをまとめてお求めいただく際に、割引きを行っておりましたが、この度割引きについて改定をいたしました。

カットレザーを銀行振り込みでお支払いいただく場合には、以前よりも割引き率を引き上げております。

加えてこれまで10枚以上とさせていただいていた枠の枚数を、8枚以上で適用とさせていただきます。

申し訳ありませんがクレジットカード払いなど銀行振り込み以外の場合、1枚革、ファスナーについてはこれまで通りになります。

恐れ入りますが、セール品についても対象外となります。

詳しくは下記のページをご確認ください。


Natt Leather:まとめ買いについて


さらに今般より、銀行振り込みで1枚革をお求めいただいた場合には、漉き加工代を2枚(2ヵ所)まで当店負担とさせていただきます。

恐れ入りますが、3分割でそれぞれを漉く場合には、3枚目(1枚分)の漉き加工代をご負担ください。

3分割でも2ヵ所を漉いて、1ヵ所は原厚の場合でしたら漉き加工代は無料になります。


Natt Leather:漉き加工について


クレジットカード払いの場合、当店へ手数料が発生しますが、銀行振り込みの場合はそのような手数料がございません。

割引き率の変更、漉き加工代の当店負担は、この手数料分をお客様へ還元する目的で行わせていただきます。

割引きはわずかな額ではありますが、少しでもお得にお求めいただけたらと思いますm(_ _)m


先日オットチェント社が来日した際のプレゼンテーションに参加しましたので、次回はその時の様子を記事にしてみようと思います。

それでは2年目も当店をよろしくお願いいたします!(^^)


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

真鍮金具のご紹介

  • 2018.06.21 Thursday
  • 16:52
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)


最近大変有り難いことに、金具のメーカーさんと直接のお取り引きをさせていただけることになりまして、本日はその新しい金具のご紹介をさせていただきます。

今回直接お取り引きさせていただく金具屋さんは、真鍮製(鋳物)の金具をメインに扱っているところで、真鍮金具であればほとんどの商品でロットがありません。

(ただ生地材がなくなると、納期に時間が掛かるそうです。)

メーカーさんなので、多様なメッキ加工も可能なのですが、20種類はあるメッキもおよそ8割はロットなしなんです!

いや〜、ほんとに有り難いです(T_T)


早速商品の紹介をさせていただきます。

目玉はこれ!

レールバングルとレールリングです!

IMG_4479.JPG

真鍮製レールリング(真鍮生地)

真鍮製レールバングル(真鍮生地)

真鍮生地の価格はこちら。※税抜です。

レールリング(真鍮生地)
6mm幅 420円
9mm幅 450円
10.5mm幅 480円

レールバングル(真鍮生地)
6mm幅 720円
10.5mm幅 750円
18mm幅溝 1050円

サイズの詳細は商品ページをご覧ください。

今回は真鍮生地とニッケルメッキの2種類を取り揃えました。

こちらがニッケルです。

IMG_4480.JPG


鍮製レールリング(ニッケル)

真鍮製レールバングル(ニッケル)

ニッケルの価格はこちら。※税抜です。

レールリング(ニッケルメッキ)
6mm幅 570円
9mm幅 600円
10.5mm幅 630円

レールバングル(ニッケルメッキ)
6mm幅 870円
10.5mm幅 900円
18mm幅溝 1200円


これかっこいいですよね〜(^^)

このままでも十分お使いいただけそうです。

溝状になっていて、革を貼ったりすることができます。

革以外にもいろいろはめ込みできそうですね。

バングルの方は金具屋さんの展開では9mmを加えた4サイズなのですが、すみません、当店では6mm、10.5mm、18mmの3サイズの取り扱いとさせていただきました。

リングは金具屋さんの展開も6mm、9mm、10.5mmの3サイズです。

バングルの方はプラス15円で穴あけ加工もできるそうです。

穴あけもロットなしで対応してもらえるそうなので興味がある方はお問い合わせください。
(バングルの9mmもロットはないので在庫があれば取り寄せ可能です。)

こちらのバングルとリング、問屋さんにはけっこう出荷しているそうなので、当店でもご好評いただけるようならメッキの種類も増やそうかと思っていたのですが、、

ブログでご紹介させていただく前に売り切れのサイズも出てしまいました( ;∀;)

申し訳ありません。次はたくさん注文しておきますm(_ _)m汗

(販売店として直接お取り引きの申し入れをしているところが現在では当店だけだそうで、どのくらい注文していいのかよくわからずにおりました・・すみません;;)

いま金具屋さんにメッキの相談もしているところなので、バングル、リングは種類も増やしていきます。


ご紹介したい商品はまだあります。

次はこちら。

アミナスカンです。

IMG_0589.JPG

パッと見た感じは普通のナスカンなんですが、こちらは太アミナスと呼ばれているもので、回転部分にワッシャーが付いています。

IMG_0590.JPG

真鍮製 太アミナス

価格はこちら。※税抜です。
内径24mm 1050円
内径30mm 1060円
内径40mm 1070円

このワッシャーのおかげでかなり丈夫なつくりになっているんです。

ナスカンにワッシャー、、かなり珍しい仕様ですね(゜゜)

フック部分はサイズ共通で、通し部分の内径が3サイズあります。

凝ったつくりなので、どうしても高価になってしまうのですが、長くお使いになるアイテムにはぜひ採用してほしい逸品です。


もちろんワッシャーのないカンも取り揃えてます。

こちらはややお求めやすい価格になっています。

IMG_0593.JPG

真鍮製 アミナス

価格はこちら。※税抜です。
内径12mm 680円
内径15mm 690円
内径18mm 700円
内径20mm 710円

(すみません、現在20mmだけ入荷待ちです。)


あとバックルもあります。

IMG_4482.JPG

カテゴリー:バックル・ループ

バックルもまだまだ全然少ないのでメッキ、サイズ、デザインもそれぞれ増やしていこうと思います。
(すみません、種類が多すぎて悩んでます;;)

個人的に気になっているのは、黒ニッケル、サテン仕上げ、ポリッシュ仕上げです。

黒ニッケルは、黒っぽいメッキです。(そのままですね;)

サテンはツヤなしで、表面にブラシをかけたような仕上げになっています。梨地仕上げの一種ですね。

ポリッシュは、これもそのままですが、ひとつひとつを鏡面になるまで職人さんに磨いてもらう仕上げです。

いまメッキのサンプルとして、小さい金具でそれぞれ作ってもらうようお願いしているので、サンプルが入荷したらまたご紹介したいと思います(^^)

こういった真鍮金具を増やしていきたかったので、今回製造元である金具屋さんと直接お取り引きさせていただけるようになったことは本当に有り難い限りです。

まだ掲載できていないものもたくさんあるのですが、順次掲載していきたいと思います。

ご期待ください(^^)

ご覧いただきありがとうございました!


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

健康が一番

  • 2018.06.07 Thursday
  • 10:34
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)


当店は先日ようやく再開店させていただくことが出来ました!

多くの方にご不便とご心配をお掛けしまして、大変申し訳ありませんでした。

せっかくの再開店ですが、さっそく商談などが立て込んでしまい、今週は発送をお休みさせていただいております;;

本当にすみません。来週順次発送させていただきます!

本日も外出先から更新いたします。


さて店長高橋は、休店期間中に遠方の親戚が病気(がん)になっていることが分かり、急遽高知県に行っておりました。

せっかくなのでそこで撮った写真を披露したいと思います。

高知駅です。

アンパンマン!!

IMG_3333.JPG

こっちにも!!!

IMG_3334.JPG

高知はやなせたかし氏ゆかりの地、ということで、駅ではアンパンマンのキャラクターがお出迎えしてくれます。


街中にもアンパンマン!!とジャムおじさん!!

IMG_3336.JPG

ホテルにも!!!

IMG_3335.JPG

(お手頃なお値段で泊まらせてもらえるところなのですが、急な連泊にも対応していただいて大変助かりました。)


あと写真はないのですが、市内を走る路面電車にもアンパンマンの絵が描いてある車両がありました。スゴイ!

(もっとたくさん写真撮らせてもらえばよかったです;)


今回高知には初めて行ったのですが、とてもいいところでした。

親戚も高齢で、晩年かなり長く高知で暮らしておりましたが、理由が分かった気がします。

(病気が分かったときはがんが脳にまで転移していて、かなり苦しんだのですが、滞在期間中穏やかな顔で旅立っていきました。)



いや〜、、、がんってほんとこわいですね(T_T)

脳にまで転移してしまうと、ひと月も経たないうちにどんどん話すことが出来なくなってしまって・・。

いま元気な皆様も体の不調・変調がありましたら、ぜひ早いうちにお医者様に診てもらってください。

出来ることなら定期的に検診受けていただくのが一番いいと思います。

今回旅立ちのあと、会いに来てくれたお友達の方たちが、「本人は病院嫌いだったけれど、引きずってでも連れていくべきだった」と、涙しながら話してくれたことが印象に残っています。

万が一病気に罹ってしまったとしても、がんに限らず、どんな病気も一日でも早く分かるに越したことはないと思います。

ほんとに健康が一番です。

ご覧の皆様が健やかに過ごせますよう、本当に本当に、願っておりますm(_ _)m


なんだか革と関係ないことを書いてしまってすみません。

協進エルさんで新しい工具の取り扱いが始まったそうなので、明日はその工具を見せてもらいに、エルさんのところへ行く予定です。

エルさんの商品以外にも新しい金具など、いろいろと商品を増やしていますので、次回はそのあたりをご紹介できたらと思います。

再開店後も当店を何卒よろしくお願いいたします(^^)


ご覧いただきありがとうございました。


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

近日中に再開店をさせていただきます。

  • 2018.05.27 Sunday
  • 11:25
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です。


一時休店で多くのお客様へご不便お掛けしてしております。

当初4月中の再開店を予定しておりましたが、私事が立て込んでしまい、外出続きで大幅に遅れてしまいました。

大変申し訳ございませんでした。

ブログも更新をせずにおりまして、すみません。

在庫の確認・整理をして、数日で再開店をさせていただく予定でおります。

再開店後はまた少しずつ革種の追加や、新商品のご紹介など、ブログも更新させていただこうと思います。

再開店の際は何卒よろしくお願いいたします。


休店期間中たくさんのお問い合わせをいただき、とても恐縮しております。

中にはお客様から体調をご心配いただいたりして、有り難い限りです。(同時にとても不甲斐ない気持ちでおります。ご心配をお掛けして本当にすみません。)

店長高橋自身は、非常に元気をさせてもらっています。

ご覧の皆様も体調やご病気など十分にご留意の上、お過ごしいただけたらと切に願っております。


未掲載の在庫の追加を休店期間中に行う予定でしたが、思うように進んでおりません。

お探しの革などございましたら、記事下部のメールアドレスよりぜひお申し付けください。

まだまだご不便お掛けするかと思いますが、今後ともナットレザーを何卒よろしくお願い申し上げます。


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

Tannerie Masure:ルガトショルダー

  • 2018.02.19 Monday
  • 14:08
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)


本日はフォンディのことを書かせてもらうつもりでしたが、先に別の革のご紹介をさせていただきます(^_^;)


今般当店は、協進エルさんの代理店としてお取り引きをさせていただけることになりました。

つきましては協進エルさんのカタログ掲載品は、当店でも取り扱いが可能になりました。

協進エルさんのような大手とお取り引きさせていただけるなんて・・ありがたいことでございますm(_ _)m

そんなわけで当店ではルガトショルダーのカットレザーの取り扱いを、改めて始めさせていただくことに致しました。

今月はオレンジが入荷しております。


カテゴリー:革(カット) > RUGATO(ルガトー)


すみません、ほんとは今月レッドやイエローも入荷する予定だったのですが、協進エルさんの方で在庫切れでして・・(T_T)

在庫が入り次第、順次追加していきます;

ほんとにすみませんm(_ _)m汗


入荷したカラーについては、サンプルもご注文いただけるように致しました。


【サンプル】ルガトショルダー (1枚)


このルガトショルダーですが、言わずと知れた有名タンナーであるベルギーのMASURE(マシュア)社で作られます。

MASUREを何語で読むかによって、マズールだったり、マシュアだったりするみたいです。

当店ではマシュア(オランダ語読み?)表記にしています。(協進エルさんのカタログではマズールでしたね。)

このマシュア社ですが、何年か前にフランスのFortier Beaulieu(フォルティエ・ボーリュー)社のグループに加入したようです。

このフォルティエ社は1840年創業の、フランスでも最大手と言われるタンナーです。

日本でフランスヌメという商品名で流通しているのは、大体ここの革ですね。

以前当店でも取り扱っていたのですが、当時品質が安定しなかったので現在はやめてしまいました。

良い時はすごく良い革だったんですけどね。。(T_T)

協進エルさんでもカタログでフランス・TANNERIE BCS(タナリー ビーシーエス)となっているのはここの革です。

BCSという会社は、フランスのタンナー協会の表記では住所もフォルティエ社と近接地で、連絡先も一緒です。

ややこしいですね(゜д゜;)笑


フランスのタンナー協会(連合)のサイトはこちら。


http://leatherfrance.com


日本でも有名なAnnonay(アノネイ)やDU PUY(デュプイ)、HAAS(ハース)も名前があります。

規模は違いますが、イタリアのトスカーナ産タンニン鞣し革協会のような感じみたいですね。

うーん、、さすがフランス(゜゜;)デカイ...


さてこのマシュア社、しばしばこんな紹介のされ方を見かけます。


「マズール社はベルギー唯一のタンナー」


んん??(゜д゜;)

ベルギーのタンナーがマシュア(マズール)の一社だけ??


結論から書きますが、そんなわけありません。


たとえばgoogleで「Belgium Tannerie」(ベルギーのタンナー)と検索するだけでこんなタンナーが出てきます。


https://www.radermecker.com


こちらはRADERMECKERという、1870年創業のタンナーです。

マシュアの創業が1873年だそうなので、レダーメッカー社の方が3年先輩ですね(゜゜)

(RADERMECKERをなんて発音していいか分からないのですが、ここではなんとなくそれっぽく、『レダーメッカー』と読ませていただくことにします。)

ベルギー国内の食肉加工後の皮すべてを1社で賄う、というのは難しいでしょうし、マシュアやレダーメッカーは牛革専門のようなので、豚やそのほかの動物の革は全部国外輸出、というのも考えにくいです。

(ベルギーの豚の飼養頭数はEU域内の中でもトップ10に入る規模です。)


今回お取り引きを始めさせていただいてから、「マズール社はベルギー唯一のタンナー」というのが協進エルさんのカタログの紹介文なんだと気が付きました・・(T_T)

うーん、なぜこんな表記になったのか、ナゾですね・・(?_?)

(マシュア以外にもこういったタンナーがある、いうのは担当の方にお伝えしました。カタログの表記も、次回版ですこし変わるといいのですが・・;)


たしか昔に聞いた話では、マシュアの所在地近辺がタンナーの多い土地だったのですが、どんどん廃業していってしまったそうなので、「その地域で唯一のタンナー」ということなのかもしれません。

やはり製革業はどの国も厳しいものなんですね・・(T_T)

日本もここ10年で120社ほどのタンナーさんが廃業を余儀なくされています。

(この推移や現在の日本のタンナー数は、なかなか詳細な数字が雑誌などで取り上げられることも少ないので、そのうちブログで記事にしたいと思います。)


さてさて件のレダーメッカ―社ですが、ウェブサイトはかなり進んでいて、革の仕様などが一目瞭然になっています。

その上PDFファイルとして、印刷まで出来たりします。スゴイ!

ちょっと面白そうだったので、いろいろ聞いていたのですが、「興味あるの?よかったらサンプル送ろうか?^^」ってことで、いまサンプルの手配をしてもらっています。

送ってもらっているのはタンニン鞣し革で、一部だけなんですが、サンプルが届いたらまたブログの記事でご紹介しようと思います(^^)


ただここの革には一点大きな問題がありまして・・・


超高いんです。


単価を聞いたらびっくりするぐらい高かったんです。「エッ」って声出ました(T_T)

どのくらい高いかというと、ものにもよりますが、イギリスのブライドルレザー並です;


た、高すぎる・・(゜゜;)



(この場合の高いというのは、タンナーが提示するユーロやポンドなどの単価で、日本国内の流通価格ではありません。)

日本国内の流通価格で高い安いとしてしまうと、ちょっとややこしくなってしまうんですよね(^^;)

国内の流通価格はそのときどきの条件でかなり変わってしまうので、高い安いという判断をするのは、革屋さんの場合、あくまでもタンナーの提示単価になります。(すみません、革屋さんというか当店の場合です。)


面白そうなので品質が見合うようならぜひ仕入れたいのですが、余りにも高いので、どうしようか迷いどころです;;

高ければいい革というものでもないので、やっぱりサンプル次第ですね・・;

(あとは協力してくれる問屋さんがあるかどうか・・汗)


そんなわけでベルギーレザーに乞うご期待です(^_^;)


ご覧いただきありがとうございました!


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com
〒174-0063
東京都板橋区前野町6-36-15-302
08012484194(平日10:00〜17:00)

La Perla Azzurra:EL VAQUERO(エルバケーロ)

  • 2018.02.08 Thursday
  • 19:59
こんばんは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)


最近更新頻度が低くてすみませんm(_ _)m汗

アズーラのEL VAQURO(エルバケーロ)ですが、今週カットレザーを掲載致しました!


カテゴリー:革(カット) > EL VAQUERO(エルバケーロ)


さてこのエルバケーロですが、タンニン鞣しで迷彩というと、とても珍しがられます。

ただ日本向けにあまり紹介されていないだけで、トスカーナのあたりだけでも迷彩柄のタンニン革を作っているところが数社あります。

手に取って見たことがあるのはアズーラ含めて3社、それ以外にも何社かやっているみたいです。

じつは迷彩柄って結構多いんですね。。(゜゜)

製法的に特別なことをしているわけではないので、「迷彩ほしいの?うちも作れるよ」ってところが意外とあります。

エルバケーロは革の仕上げに、ローラーの回っている機械に通して柄を付けるのですが、この機械があれば基本的にどこでも柄付けは可能ってことになります。


うーん・・もしかしたら「迷彩はほかでもやってる」とか書かずに、「希少!スゴイ!珍しい革!」ってしておいた方が売れるんでしょうか。。

もしそうだとしたら店長高橋、商売下手ですね〜・・(゜゜;)

(今年はもうすこし商売上手になれたらいいんですが・・がんばります・・・;)


先日のレザーフェアでもMONTANA(モンタナ)社が、迷彩の革を持ってきていましたね。

モンタナの迷彩革はサンプルももらってきました。

IMG_8454.JPG

Military(ミリタリー)っていう革になります。

モンタナのブースは通訳さんがいてくれたので、話はすごくスムーズでした。

革の柄について訳してもらうと、「染色してる」と言われるのですが、染色というよりも「ローラーで柄をプリントしてる」という方が、個人的な感じ方としては、語感としても製品の説明としても近いような気がします。

というのも迷彩の柄を付けるときに、色と、もしかしたら版も変えて機械に数回革を通しているのですが、上の方の色は剥がれがあったりするんです。

なので「染色だけど剥がれる」というよりも、「プリントなので剥がれる」の方が製品リスクについては伝わりやすい気がしてます。

(ご予約分に剥がれが生じていた場合は、程度により当店でデシ単価を数円下げるなどの対応をさせていただいております。)

一回プリントされた柄は通常の使用で剥がれることはありません。ただ溶剤とかだと落ちます。

例えば薄め液とかをこぼしてしまうと色落ちします。水に濡れても多少の色落ちはあると思います。

これは普通の染色革と同様ですね。

気になったので実験してみました。

これは両方とも何もしていない状態です。(カットが小さくてすみません。)

IMG_8473.JPG

左は水に濡らして、右は薄め液(溶剤)で、それぞれティッシュペーパーを使って擦ってみました。

IMG_8474.JPG

やっぱり薄め液の方は結構落ちてます。

対して水の方は思ったよりも色落ちしませんでした。

少し乾いてくると、色落ちが分かりやすくなってきます。左はまだ少し濡れています。

左も光の反射で落ちているようにも見えるんですが、実際はそこまで変わりません。

IMG_8476.JPG

使用した薄め液はもちろんこちら。。

IMG_8475.JPG

取り扱い注意な薄め液はこちらからどうぞ。。。

オーダーR M-13専用薄め液「reducer」


さて、いくつかある迷彩革の中でも、アズーラのエルバケーロを選んだのは理由があります。

店長高橋が見た中では発色とカラーバリエーションはエルバケーロが群を抜いています。

モンタナの迷彩はこんな感じで、ややヴィンテージ感のある仕上がりになっています。

仕上げに揉みジワを入れているみたいですね。

IMG_8455.JPG

もう一社現物を見たのはイタリア・トスカーナのデアペル(Conceria Dea Pel)社の迷彩柄で、見ることができたのは1色だけなのですが、そちらはアンティークな仕上がりで、発色はやや薄めでした。

(デアペルの方は写真無いんです。すみません・・;)

エルバケーロの明るい発色に加えて、15色ものバリエーションが他では見つからないので、「やっぱりカラフルでおもしろい革だなぁ〜」と思って取り扱いを決めました(^_^)


ただモンタナのミリタリーも、色によるんですが、プルアップが強くて、表情豊かでいいんですよね・・。

IMG_8456.JPG

IMG_8457.JPG

IMG_8458.JPG

IMG_8459.JPG

IMG_8460.JPG

エルバケーロも若干プルアップはします。

IMG_8461.JPG

IMG_8462.JPG

エルバケーロのご紹介をするつもりが、モンタナのミリタリーもいい革、みたいなところで終わってしまいました(汗)


まだ写真はご用意できていないのですが、エルバケーロはサンプルもご注文できます。


【サンプル】エルバケーロ (1枚)


柄ものなので、1デシ相当の大きさにしようかと思ったのですが、すみません、今回は通常のチップサンプルにさせていただきましたm(_ _)m

チップサンプルだけだと、柄の雰囲気が分かりにくいと思うので、これは今後の課題ですね。

サンプルとして以外にも、例えば小物類のインレイ・アウトレイや、ポイント使い用などで、1デシくらいの大きさがあるとかなり便利だと思うので、ゆくゆく対応させていただきたいと思います!


次回は同じくアズーラのフォンディの紹介記事を書いてみようと思います。(他の革の紹介をしすぎないように気を付けます;)


ご覧いただきありがとうございました!


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com
〒174-0063
東京都板橋区前野町6-36-15-302
08012484194(平日10:00〜17:00)

La Perla Azzurra:MISSOURI(ミズーリ)

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 19:02
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)


ブログの更新がだいぶ滞っていまして、すみません;

年末辺りからかなりたくさんのご注文をいただけるようになり、お陰様で毎日忙しくさせていただいております。

日々の発送業務で手がいっぱいになることもしばしばあり、人手が欲しいなぁ・・と感じる今日この頃です(^^;)

(今年のナットレザーの目標の一つに「スタッフさんを雇う」が加わりました;)


さてそんな嬉しい悲鳴をあげつつ、本日はアズーラ社のMISSOURI(ミズーリ)という革をご紹介したいと思います。

まずはタンナーサンプルはの写真から。

IMG_6763.JPG

IMG_6764.JPG

こちらのサンプル、無理言って送ってもらったのですが、かなり古いものなので最新版に比べると色数が何色か少ないです;

IMG_6765.JPG

IMG_6766.JPG

IMG_6767.JPG

IMG_6768.JPG

IMG_6769.JPG

ミズーリはダブルショルダーのオイルレザーで、強烈なプルアップが特徴です。

IMG_6770.JPG

IMG_6771.JPG

IMG_6772.JPG

プルアップの度合いはエルバマット以上だと思います。

IMG_6773.JPG

IMG_6774.JPG

IMG_6775.JPG


エルバマットがマットな銀面なのに対して、ミズーリはやや透明感を感じる仕上がりになっています。

このミズーリなのですが、ミッソーリと呼ばれたり、ミッスーリと呼ばれたりします。

色名称と同じで輸入商品のため、いろんな読み方があるのですが、アメリカの州(ミズーリ州)が名前のもとになっているはずなので、店長高橋的には通じやすいのはミズーリかな、と思います。

イタリアにもミッスーリという地名があるそうで、調べたところ、イタリアの地名はスペルがMISSURIでした。(ミズーリはMISSOURI)

MISSURIとMISSOURI・・ちょっとややこしいですね(゜゜;)笑

たまにお問い合わせをいただくのですが、同じ理由でテンペスティのMAINEもメイン州が名前の由来になっているようなので、メインかメーンが通じやすいのかと思います。

(テレビのニュースでもメイン州だったりメーン州だったりしますもんね。)

ただ呼称としてどちらが正しいというのはないと思うので、分かりやすい方で通してもらって構わないと思います(^^)

革の名前に地名が当てられるのは結構あるみたいで、先日のレザーフェアでも、イタリアンタンナーのブースにはVIRGINIA(ヴァージニア)やOKLAHOMA(オクラホマ)といった革が並んでいました。

なんとSAPPORO(札幌)とかOSAKA(大阪)なんて革もあります(^^;)

(サッポロはオットチェント、オーサカはテンペスティの革でした。)


ちょっと話が逸れました;

このミズーリはベリー(腹側)を取り扱われているところはあると思うのですが、ダブルショルダーはあまり見かけないようなので、当店ではそちらを取り扱おうかと考えています。

ダブルショルダーは「むかーし、ウチでも在庫してたよ^^」って問屋さんもあったのですが、プルアップが強烈すぎて扱いが難しく、現在は在庫を持っているところはほとんど無くなってしまったようです。

厚みは3.0mmアップ(3.2-3.5mm前後)で注文可能です。1枚革のデシ単価はフォンディと同様の税込192円(税抜178円)になります。

とりあえず何枚かサンプルとしてオーダーしているので、それを見てから数量、カラーなど決めようと思っています。

サンプルオーダーの分は早ければ2月後半に入荷します。単価は変わらずお出しできると思います。

(サンプルといっても少量入荷なので、通常よりもデシが高いんです・・;)

当店からのアズーラへの次回オーダーは4月を予定しています。入荷は6月後半くらいになりそうです。

先が長くてすみません・・(T_T)


あと先週アズーラのエルバケーロで、「厚みが変わるとデシ単価って変わりますか?」というお問い合わせをいただいたのですが、基本的にはそこまで変わりません。

同様のお問い合わせを年明けから数件いただいたので、ブログでも書かせていただきます。

単価は輸入する総重量や輸入経路(船舶便や航空便など)、その時の為替で変わってきますが、お陰様で当店の場合は発注数量がけっこう多いので、輸送に関する部分はデシ総量で割るとそこまで影響しません。

どちらかといえば為替の影響の方が大きいです;

(先日も問屋さんから「このままユーロが高くなれば値上げするかも^^;」って電話がきました;;)

アズーラは裏処理して送ってくれるので、そのままでバッグを作りたいという方には1.8-2.0mmでオーダー掛けたりも可能ですが、単価は数円くらいしか変わりません。

もし単価が大幅に変わるケースがあるとすれば、少量で輸入した場合なのだと思います。

(例えばサンプルとして少量輸入した場合、デシ単価に上乗せされる輸送費の割合が高くなります。)

輸入商品はいろいろなケースがあるので一概に言えないのですが、店長高橋、不勉強のためかそのほかのケースがちょっと思いつきません;すみません;

お問い合わせいただいた方は、「エルバケーロの3.5mmだと厚みや重さが変わって、輸入時点(販売時点)で単価が大幅に変わるのでは?」ということを心配なさっていたのですが、ご予約時にお伝えした単価がお渡し時に変わることは、当店の場合は一切ございません。ご安心ください(^^;)


アズーラの革は現在も結構な件数のご予約のご相談をいただいています。本当にありがとうございます!(^^)

先日入荷したフォンディ、エルバケーロは現在カットして漉き加工に出しています。

来月頭には撮影を終えてカットレザーの掲載ができると思いますので、カットご希望の方も今しばらくお待ちください。


まだまだ書きたいこともたくさんあるのですが、今日はここまでにさせていただきます(^_^;)

ご覧いただきありがとうございました!


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com
〒174-0063
東京都板橋区前野町6-36-15-302
08012484194(平日10:00〜17:00)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM