La Perla Azzurra:MISSOURI(ミズーリ)

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 19:02
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)


ブログの更新がだいぶ滞っていまして、すみません;

年末辺りからかなりたくさんのご注文をいただけるようになり、お陰様で毎日忙しくさせていただいております。

日々の発送業務で手がいっぱいになることもしばしばあり、人手が欲しいなぁ・・と感じる今日この頃です(^^;)

(今年のナットレザーの目標の一つに「スタッフさんを雇う」が加わりました;)


さてそんな嬉しい悲鳴をあげつつ、本日はアズーラ社のMISSOURI(ミズーリ)という革をご紹介したいと思います。

まずはタンナーサンプルはの写真から。

IMG_6763.JPG

IMG_6764.JPG

こちらのサンプル、無理言って送ってもらったのですが、かなり古いものなので最新版に比べると色数が何色か少ないです;

IMG_6765.JPG

IMG_6766.JPG

IMG_6767.JPG

IMG_6768.JPG

IMG_6769.JPG

ミズーリはダブルショルダーのオイルレザーで、強烈なプルアップが特徴です。

IMG_6770.JPG

IMG_6771.JPG

IMG_6772.JPG

プルアップの度合いはエルバマット以上だと思います。

IMG_6773.JPG

IMG_6774.JPG

IMG_6775.JPG


エルバマットがマットな銀面なのに対して、ミズーリはやや透明感を感じる仕上がりになっています。

このミズーリなのですが、ミッソーリと呼ばれたり、ミッスーリと呼ばれたりします。

色名称と同じで輸入商品のため、いろんな読み方があるのですが、アメリカの州(ミズーリ州)が名前のもとになっているはずなので、店長高橋的には通じやすいのはミズーリかな、と思います。

イタリアにもミッスーリという地名があるそうで、調べたところ、イタリアの地名はスペルがMISSURIでした。(ミズーリはMISSOURI)

MISSURIとMISSOURI・・ちょっとややこしいですね(゜゜;)笑

たまにお問い合わせをいただくのですが、同じ理由でテンペスティのMAINEもメイン州が名前の由来になっているようなので、メインかメーンが通じやすいのかと思います。

(テレビのニュースでもメイン州だったりメーン州だったりしますもんね。)

ただ呼称としてどちらが正しいというのはないと思うので、分かりやすい方で通してもらって構わないと思います(^^)

革の名前に地名が当てられるのは結構あるみたいで、先日のレザーフェアでも、イタリアンタンナーのブースにはVIRGINIA(ヴァージニア)やOKLAHOMA(オクラホマ)といった革が並んでいました。

なんとSAPPORO(札幌)とかOSAKA(大阪)なんて革もあります(^^;)

(サッポロはオットチェント、オーサカはテンペスティの革でした。)


ちょっと話が逸れました;

このミズーリはベリー(腹側)を取り扱われているところはあると思うのですが、ダブルショルダーはあまり見かけないようなので、当店ではそちらを取り扱おうかと考えています。

ダブルショルダーは「むかーし、ウチでも在庫してたよ^^」って問屋さんもあったのですが、プルアップが強烈すぎて扱いが難しく、現在は在庫を持っているところはほとんど無くなってしまったようです。

厚みは3.0mmアップ(3.2-3.5mm前後)で注文可能です。1枚革のデシ単価はフォンディと同様の税込192円(税抜178円)になります。

とりあえず何枚かサンプルとしてオーダーしているので、それを見てから数量、カラーなど決めようと思っています。

サンプルオーダーの分は早ければ2月後半に入荷します。単価は変わらずお出しできると思います。

(サンプルといっても少量入荷なので、通常よりもデシが高いんです・・;)

当店からのアズーラへの次回オーダーは4月を予定しています。入荷は6月後半くらいになりそうです。

先が長くてすみません・・(T_T)


あと先週アズーラのエルバケーロで、「厚みが変わるとデシ単価って変わりますか?」というお問い合わせをいただいたのですが、基本的にはそこまで変わりません。

同様のお問い合わせを年明けから数件いただいたので、ブログでも書かせていただきます。

単価は輸入する総重量や輸入経路(船舶便や航空便など)、その時の為替で変わってきますが、お陰様で当店の場合は発注数量がけっこう多いので、輸送に関する部分はデシ総量で割るとそこまで影響しません。

どちらかといえば為替の影響の方が大きいです;

(先日も問屋さんから「このままユーロが高くなれば値上げするかも^^;」って電話がきました;;)

アズーラは裏処理して送ってくれるので、そのままでバッグを作りたいという方には1.8-2.0mmでオーダー掛けたりも可能ですが、単価は数円くらいしか変わりません。

もし単価が大幅に変わるケースがあるとすれば、少量で輸入した場合なのだと思います。

(例えばサンプルとして少量輸入した場合、デシ単価に上乗せされる輸送費の割合が高くなります。)

輸入商品はいろいろなケースがあるので一概に言えないのですが、店長高橋、不勉強のためかそのほかのケースがちょっと思いつきません;すみません;

お問い合わせいただいた方は、「エルバケーロの3.5mmだと厚みや重さが変わって、輸入時点(販売時点)で単価が大幅に変わるのでは?」ということを心配なさっていたのですが、ご予約時にお伝えした単価がお渡し時に変わることは、当店の場合は一切ございません。ご安心ください(^^;)


アズーラの革は現在も結構な件数のご予約のご相談をいただいています。本当にありがとうございます!(^^)

先日入荷したフォンディ、エルバケーロは現在カットして漉き加工に出しています。

来月頭には撮影を終えてカットレザーの掲載ができると思いますので、カットご希望の方も今しばらくお待ちください。


まだまだ書きたいこともたくさんあるのですが、今日はここまでにさせていただきます(^_^;)

ご覧いただきありがとうございました!


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com
〒174-0063
東京都板橋区前野町6-36-15-302
08012484194(平日10:00〜17:00)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM