新サービスのご紹介:ご紹介特典

  • 2019.07.12 Friday
  • 19:29
こんばんは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

先日ご紹介させていただいたハシハトさんのNo.8ホックなんですが、予想を上回るご注文をいただいてます。

本当にありがとうございます!m(_ _)m

無地バネの方がかなり好評で、現在のご注文数としてはほぼ半分が無地になっています(^^)

実は店長高橋も、無地仕様のバネを探していたので、たくさんご注文いただけると嬉しく感じます(^^)ゞ笑

現在打ち具の方が一部在庫切れになってしまっているのですが、発注はしているので来週順次入荷になると思います。

ご不便お掛けしてすみません(T_T)

本日のお知らせですが、当店ではこの度新サービスを開始いたしました。

ご紹介で当店をご利用いただいた方を対象に、ご紹介特典を設けさせていただきます(^^)

特典の内容としては、ご紹介を受けて当店を新たにご利用いただく際に、ご購入金額からお値引きをさせていただきます。

お値引きの金額は500円です。

すみませんが対象となるのは、税抜きで3000円以上お買い求めいただいた場合に限らせていただきます(T_T)

新たに当店をご利用いただく方が当店の会員登録をしていただく必要はございませんが、システム上一定期間以上は、当店でご購入履歴などが確認できないため、ご紹介していただく方は当店で会員登録済みの方とさせていただきますm(_ _)m

さらにご紹介していただいた方にも、サービスをご用意してます(^^)

ご紹介によって当店を新たにご利用いただいた方が、上記の条件(初回3000円以上のご購入)に該当された場合は、ご紹介者様へ500円引きのクーポンを差し上げます!

こちらのクーポンは進呈以降、5000円以上のお買い物にお使いいただけます(^_^)

対象となるお買い物の発送以降、ご紹介者様へはメールでクーポンコードをお知らせします。

カート画面でクーポンコードを入力していただく欄がありますので、そちらにコードをご入力ください。

ご紹介の回数に制限はありませんが、クーポンは1回のお買い物につき1枚のみしか使用することができませんので、ご注意くださいm(_ _)m

当店オンラインショップにも概要を記載しました。


ご紹介特典について


今後はこのサービスで、ご家族やご友人の方と、よりお得にお買い物を楽しんでいただけたらと思います(^^)

ここからは今後のお話になります。

たくさんお問い合わせいただいているRACCAGNI(ラッカーニ)のファスナーなのですが、昨日渋谷ゼロワンさんで打ち合わせを行い、10月以降当店で初回に展開するスライダーデザインなど、ほぼ決めることができました。

(昨日は発送をお待たせしてすみませんでした;)

バカンス前のオーダー分で、当店からもサンプルとして数型依頼をしているのですが、そちらは来月の頭頃に入荷の予定です。

サンプルが入荷したらご紹介と、ご予約の受け付けをブログでさせていただきますね(^^)

それと昨日ゼロワンさんの藤川社長に無理を言って、ラッカーニの見本帳をお借りしてきました(^_^;)

2019-07-12-18-45-00.jpg

一番上はスライダーのカラーカードで、中は各エレメントの仕様や、サイズ見本などが見開きで一覧できるようになっています。

これからこちらを撮影して、8月の記事でご覧いただけるようにしたいと思います(^^)

同じくファスナーのLACONY(ラコニー)は、新デザインのREタイプが来週入荷する予定です。

ご予約のお客様にはお待ちいただいてまして申し訳ありません(T_T)

オンラインショップへの掲載もなるべく早く行いたいのですが、もしかしたら再来週とかになるかもしれません(_ _;)スミマセン...

あと残念ではありますが、手が回らず、ご迷惑をお掛けしっぱなしでもあるので、この度一部金具などの取り扱いを終了することにしました(T_T)

フックやDカンなど、終了予定のものは、処分価格でセールを行っています。


グループ:セール品


気になっていた方はぜひこの機会にご利用ください(^^)

また先日お伝えした内容ではありますが、当店はありがたいことに3年目を迎えることができました。

これまで店長高橋は常に「楽しい!面白い!」と感じ続けて当店の運営を行ってまいりました。

もし当店が皆様の「楽しい!面白い!」という気持ちの一助になることができたら、これより嬉しいことはありません。

そしてナットレザーはこれまでの2年間で、一定の活動ができたものとして、これからは新しいあり方を考えていこうと思っています(^^)

具体的な取り組みについては、メーカーさんや問屋さんに協力してもらったり、許可を得ないといけないことがあるので、まだまだ未定なのですが、決まり次第ブログでお知らせしていこうと思います。

店長高橋の理想は「ナットレザーが潰れること」なのですが、それまでにやりたいことや夢がたくさんあります(^^)

牛歩の進みですが、ひとつずつ取り組んでいきたいと思います。

ご覧いただきありがとうございました!

Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

新商品のご紹介:THKバネホック

  • 2019.07.01 Monday
  • 15:20
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

かなり遅くなってしまいすみませんm(_ _)m汗

今回ご紹介するのはこちらのTHKバネホックです(^_^)

thk.jpg

こちらのホックも製造はハシハトさんになります。

ハシハトさんというのはHASI-HATO(ハシハト)と刻印の入ったホックを製造する日本のメーカーさんです。

先日ハシハトホックをご紹介した記事はこちらになります→新商品のご紹介:HASI-HATOバネホック

今回ご紹介するハシハトさんのTHKホックは、プリムを始めとしたヨーロッパ製品への対抗商品だそうです。

国産でヨーロッパ製品への対抗商品というとなんだかLACONY(ラコニー)ファスナーみたいですね〜(^_^)

THKホックの刻印なんですが、このTHKというのはハシハトさんの社名をもじったブランドという扱いになっています。

このTHKという刻印、当店がご紹介する前でも、「見たことあるぞ〜!」という方もいらっしゃるかもしれません(^_^)

ハシハトさんはバネホック以外にもジャンパーホックの製造をしているのですが、そのうちの一部にはTHK-HATOと刻印が入っています。

thksnap (2).jpg

共通した刻印で、製造元が同じということが伺えますね(^^)

(気が付いた方はかなり鋭い方です!)

価格なのですがTHKホックは10セットで320円になります。(以下価格はすべて税抜です。)

以前280円とお伝えしていましたが、変更になってしまいました(T_T)スミマセン

ハシハトホックで60セットが大変好評でしたので、THKホックも60セットをご用意しました。

左が10セット、右が60セットです。

thk60.jpg

ハシハトホックの記事では書き忘れてしまいましたが、60セットは頭やバネのパーツごとに包装しています。

ですが10セットの方は区別がありませんのでご注意くださいm(_ _)m

THKホックの60セットは1680円になります。

次に大きさですが、THKは小さめのサイズになっています。

頭径はカタログ表記でNo.1が約9.6mmに対してTHKの方が約8.7mmになります。

No.1ホックと並べてみました。

thkno.1.jpg

こうしてみるとやはり雰囲気にも違いがありますね(^^)

こちらのTHKホックなのですが、ハシハトさんの規格ではNo.8と呼ばれています。

そしてこのNo.8ですが、なんと刻印のない無地のバージョンがあります!

thkm.jpg

もともと小ぶりなTHKホックですが、無地になるとさらにスッキリした印象になりますね(^_^)

例えば革が海外産で、ホックで国産を強く打ち出したくないときなどには、こちらの無地ホックが活躍するかもしれません。

無地バネの方も価格は刻印入りと同じになります。

実はこのハシハトホックとTHKホックは雰囲気やサイズ以外にも大きな違いがあります(^^)

真鍮製のハシハトホックは通常品という位置付けで、バネ線が本体と同じ真鍮(黄銅)素材になっています。

対してNo.8(THK&無地ホック)の方は、高級ラインということで、本体は真鍮ですがバネ線は標準でリン銅素材が採用されてます。

このリン銅は銅合金の一種なのですが、黄銅とは配合が異なっており、より丈夫な素材になっています。

ホックのバネ線にこのリン銅を使用することでバネがへたりにくくなり、耐久性の面でかなり向上が見られるそうです。

さすが老舗メーカーであるハシハトさん、こだわりがすごいです(^^)

ふたつのホックを裏返して並べてみました。

spring.jpg

さすがに見た目だと素材の違いは分からないですね(^^;)

あとTHKホックは削り出しで作られたギボシ型の挽物ゲンゴと組み合わせることもできます。

thkgiboshi.jpg

もちろん無地バネとの組み合わせも可能ですよ(^^)

thkgiboshi2.jpg

こちらの価格は10セットで680円になります。

・・やっぱり削り出しになるとプレスでの製造と違って高くなってしまいますね(T_T)

かなり高価なので、挽物ゲンゴの方は60セットではなく30セットをご用意してみました;

thkg30.jpg

こちらの30セットは1860円になります。

こちらの挽物ゲンゴとホソはともに同じ真鍮で、ホックと合わせて色止めがされていないものをご用意してます。

ただ頭・バネパーツとゲンゴ・足パーツの色目がわずかに違うのでご注意くださいm(_ _)m

具体的には挽物ゲンゴの方がキラキラとしていて、すこし明るく見えます。

製造元や製造方法の差で色が違ってしまうのですが、ハシハトさんでは挽物ゲンゴは作られておらず、今回のものは別の金物屋さんから仕入れをしています。

挽物ゲンゴは取り扱いの一覧表にも載っていて、ハシハトさんからも仕入れは可能なのですが、「これはウチも結局外注やからね、安いんならよそさんから仕入れたほうがええよ^^」っていうことで別の金物屋さんに協力してもらってます(^^;)

(たしかにハシハトさんの単価だとけっこう高かったです;)

No.8のハンシャパーツもあります。

thkh.jpg

今回もホックに合わせて真鍮生地をご用意しました(^^)

No.8もNo.2やNo.5と同様に30個入りと100個入りの2種類があります。

30個入り
No.8 160円

100個入り
No.8 380円

ハシハトホックのときにも真鍮生地のハンシャをご紹介させてもらいましたが、ハンシャはカクシ(隠し)とも呼ばれるように、表からは見えなくなるのでより安価な鉄素材の方が一般的だと思います。

ただ鉄ハンシャでメッキが掛かっていないシルバーカラーの場合、真鍮色のホックとは色が揃わないので、特に大きいNo.5などはバネ側を覗き込むと目立って見えてしまうことがあるんですよね。

そういったことの解消にお役立ていただいているようで、スタートから真鍮生地のハンシャもかなりご好評いただいています。

ありがとうございます!m(_ _)m

(皆さん見えにくいところまで気にされていて本当にすごいです!)

No.8のハンシャはNo.2、No.5の商品ページに追加しました。


真鍮製ハンシャパーツ(真鍮生地)


今回No.8のホックは、頭パーツがハシハトホックと比べてもかなり高価なので、商品ページで通常の頭付きかハンシャパーツかの組み合わせをお選びいただけるようにしました。

これで普段カクシだけでお使いの方も、出費を抑えていただけるんじゃないかと思います(^^)

各商品のページはこちらからご覧になってください。


真鍮製バネホック(THK・真鍮生地)

真鍮製バネホック(無地・真鍮生地)

真鍮製バネホック(ギボシタイプ・真鍮生地)


それとこれは問屋さんから教えてもらったのですが、出費を抑える手段のひとつとして、No.1の頭パーツを使用する方法があるそうです。

No.8とNo.1はパイプ径が0.1〜0.2mmくらいしか変わらないので、頭パーツの流用が可能なのですが、この方法なら価格が抑えられる上に、打ち台やハンドプレス用の駒もNo.1用が使えるのでおすすめということでした(^^)

一応ハシハトさんでは推奨はしてないってことだったんですが、問屋さんではこれまで相当な期間、No.1との組み合わせでも不具合の報告はないということでした。

こちらもハシハトさんは推奨してないですが、ハンシャもNo.2用で代用ができるみたいです。

当店だとNo.1の頭パーツであれば10セットで60円くらい、1セットあたり6円くらいお安くなると思います。

当店では商品ページ上は純正の組み合わせとしてNo.8の頭をそのまま使用していますが、こういったことも可能なので、出費を抑えたい方はご予算に合わせてご相談くださいね(^_^)

続けて打ち具をご覧いただきたいと思います。

THKホックはノーマル用の打ち棒と打ち台が両方ともハシハトさんの提供する純正工具になります。

2.jpg

打ち棒の価格はバネ用が1800円、ゲンゴ用が850円です。

バネ用の方はしっかりとホールドできるようになっています。

3.jpg

4.jpg

この形状のおかげで、ゲンゴ側に比べて値段が上がってしまったそうです(^_^;)

挽物ゲンゴ用の打ち棒はこんな感じです。

thkgiboshi3.jpg

こちらの打ち棒は挽物ゲンゴと一緒に金物屋さんに用意してもらいました(^^)

価格は1450円になります。

打ち台はNo.1やNo.5用と同様に850円になります。

5.jpg

頭を乗せてみましょう。

6.jpg

7.jpg

こちらもハマり具合はバッチリですね(^^)

オールマイティプレートの場合は小さい方からふたつ目がちょうど良さそうです。

all.jpg

打ち具の商品ページはこちらです。


No.8用バネホック打ち棒

バネホック(No.8)用打ち台

バネホック打ち棒(ギボシタイプ用)


今回打ち棒はセット商品にしてみました(^^)


No.8用バネホック打ち棒セット


「これからTHKホック使ってみよう!」という方は打ち棒をセットでお求めいただくとすこしだけお得なので、ぜひご利用ください(^_^)

あと今回当店で展開する挽物ゲンゴは、協進エルさんのプリムホックの挽物ゲンゴと形状が近いので、エルさんのホック打ちが当店のゲンゴに使えるか試してみました。

thkgiboshi4.jpg

店長高橋が何回か打ってみたところ、ゲンゴ側にキズや跡が残ったりはしませんでした(^^)

(エルさんのプリムホックに付属する挽物ゲンゴも国産品です。)

giboshi.jpg

エルさんのホック打ちは定価800円で、金物屋さんの提供する工具よりお求めやすいので一応商品ページをご用意してます。

プリムホック打ち オス用(挽物)【10%off】

金物屋さんの手前、当店で強く推奨することはできないんですが、代用はできるということで、すでにエルさんのプリムホック打ちをお持ちの方はそちらで試してみるのもいいと思います。

声を小にして申し上げますが、やはり安いに越したことはないですよね(^^;)

(一応代用する際には優しい力ですこしずつ打つようにしてください。)

ただ今回ご紹介したTHK(No.8)ホックは、通常よく用いられるハシハトホックに比べて、生産数が少ないことやバネ線の素材に差別化が図られていることなどが理由で、かなり高価です(T_T)

ですがヨーロッパ製品への対抗商品ということもあり、No.8ホックは国産ホックの中でも独特な雰囲気を持っていると思います。

これからぜひたくさんの人にお使いいただきたいおすすめのホックです(^^)

当店のホックの取り扱いは、この記事でも途中でもご覧いただいたジャンパーホックや、メッキ各色など、どんどん増える予定です。

ご期待ください(^^)

あ、あと大変ありがたいことに、当店は本日で3年目を迎えることができました!


本当にありがとうございます!!m(_ _)m


ささやかではありますが、2周年記念として本日より7月5日までの間、ゆうパケット送料をご注文金額に関わらずすべて無料とさせていただきます。

この期間であれば今回ご紹介したホックも少量から送料無料でお試しいただけます(^^)

トップページでは3日までにさせていただいているので、4〜5日はブログをご覧いただいた方へのサービスとさせていただきます。

お手数ですが4〜5日にゆうパケットでご注文の方は備考欄に「ブログ見た」とご記入ください。

(ブログをご覧いただいたことが分かればキーワードは何でも大丈夫です。)

このあとブライドルレザーのカットレザーをセール品として少量掲載する予定です。

こちらも2周年記念として、通常の販売価格から3〜4割引きのセールになります(^^)

このブライドルレザーも、もう入荷の予定がない商品になるので、この機会にぜひご利用ください。

それでは3年目もナットレザーをよろしくお願いいたします!m(_ _)m

(ご覧いただきありがとうございました!)

Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

先日発生した地震につきまして

  • 2019.06.20 Thursday
  • 14:34
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です。

一昨日(18日)の夜、山形県、新潟県を中心とする地域で大きな地震が発生しました。

今回の地震で怪我をされてしまった方や、避難を余儀なくされた方など多くいらっしゃるということで、この度被害に遭われてしまった方へは心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地域の一日も早い復興を願っておりますm(_ _)m

今後しばらくの間も同程度の地震が起こる可能性もあるとの報道もありましたので、該当する地域にお住まいの方は、用心していただけたらと思います。

配送にも遅れが生じるかもしれませんが、発送済みのお品物に万が一破損や汚損がある場合は当店までお知らせください。

代替品がご用意できる場合は当店にて対応をさせていただきます。

また来週大阪で開催されるサミットに関連して交通規制が行われるため、該当地域への配送や、該当地域を経由する配送につきましても遅延の発生が予想されます。

日本郵便さんからもお知らせが出ていますので、詳しくは以下のページをご参照ください。

(日本郵便さんのウェブサイトへリンクします。)

G20大阪サミット開催に伴う交通規制の影響による郵便物・ゆうパックなどのお届け等に関するお知らせ

当店発送のお品物につきましてもご不便をお掛けすることがあるかと思いますが、何卒ご承知おきのほどよろしくお願いしますm(_ _)m

ここからは商品についていくつかお知らせをさせていただきます(^^)

先日ご案内させていただきましたLACONY(ラコニー)ファスナーなのですが、おかげさまでたくさんのオーダーをいただきました。

本当にありがとうございます!!m(_ _)m

新デザインのご予約分は入荷しましたら順次お知らせいたしますね(^^)

あとRACCAGNI(ラッカーニ)ファスナーなのですが、こちらはご案内がずいぶん遅れてしまっていてすみません;

現在ラッカーニ社の体制変更が進んでいるようで、その影響で度々本国のウェブサイトが閲覧できない状態になるなどしていました。

正規代理店であるゼロワンさんの方でもこういった状況の把握に努めてもらっていたのですが、一度廃番の連絡がきた型番もウェブ上のカタログには掲載が続くなどしたため、「高橋さん、ごめん!オーダーちょっと待って^^;」ということで、現在は確認待ちといった形になっています(T_T)

お待ちいただいているお客様へは大変申し訳ありませんm(_ _)m汗

今回国内で回答待ちになると限界があるということで、今週末からしばらくの間、ゼロワン藤川社長がイタリアのラッカーニ社に行かれる予定です。

そこでいろいろな打ち合わせをしてもらうことになったので、その回答でもって当店も取り扱いアイテムの再選定などをしたいと思います。

ラッカーニファスナーについては、たくさんのお問い合わせをいただいているのですが、お時間掛かってしまって本当にすみません(T_T)

あと先に謝っておきたいのですが、先日のリネアペレで店長高橋はラッカーニ社と会うことができませんでした(-_-;)スミマセン...

去年まではラッカーニ社もリネアペレに毎回出展していたようなので、今年もブースがあるだろうと思い、現地で話を聞かせてもらうつもりだったのですが、なんと今年から出展そのものがなくなっていました;

ガーン・・・!(T_T)

リネアペレへの出展が取り止めになっているのも、ラッカーニ社が体制変更を優先しているためだと思われます;

去年聞いた話になるのですが、最近ラッカーニのセールス部門になんとアメリカ人の人が入ったらしいんです。

ゼロワンさんからもこの方が非常に優秀な人だと聞いていたので、もしリネアペレのブースにいらっしゃればお会いできると思い、店長高橋も楽しみにしていたのですが残念ながら叶わず・・・(T_T)

リネアペレにはYKKさんのイタリア支社にあたるYKK Italyが出展ブースを構えていて、そこでもいろいろお話を聞かせてもらっていたのですが、話の中で「ラッカーニ?そういえば今回から出展なくなりましたね〜^^;」って言ってました(;_;)

余談ですがさすがYKKさん、Italyのブースでも日本から出向されてる営業担当の方がいらっしゃるので、商談は日本語で行えます(^^)

直接ラッカーニ社と話すことができればいろいろ確認も早かったかもしれませんが、リネアペレでお会いするのには行くのが一回分遅かったようです;

申し訳ありませんm(_ _)m汗

また本来なら今後日本における新規の販売代理店として、当店も今回のゼロワンさんの訪問に同行するべきなのですが、調整が間に合わず、残念ながらゼロワンさんに詳細な事項の確認など一切合切をお願いすることになりました;

そのうちゼロワンさんと日程を合わせてちゃんとラッカーニを訪問するようにします(T_T)

今後の展開としては、イタリアが夏季休業(バカンス)に入ってしまうため、ラッカーニ社の受注再開が8月末以降になり、当店のオンラインショップ分のオーダーもバカンス明けに行う予定になっています。

(今年のラッカーニ社の休業期間が8月1日から8月26日頃までになってます。)

バカンス後に生産になる分の入荷は9月末から10月頭頃になり、オンラインショップへの掲載はその後順次行っていきたいと思います。

ショップ用の分は上記のような形になりますが、ロットクリアしていただいている分など先行の受注分は個別のご案内の通り、バカンス前の生産になりますので入荷次第お知らせして参ります(^^)

ご予約分のご案内は、オーダー時期に合わせて8月半ば頃にさせてもらおうと思っています。

オーダー時期などいろいろ変更になってしまってすみませんが、よろしくお願いしますm(_ _)m

予定していたTHKホックのご紹介は次回とさせていただきます(^^;)

この度もご覧いただきありがとうございました!

Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

新商品のご紹介:LACONYファスナー(新デザイン)

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 15:01
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

始まりましたね〜、令和!(^_^)

まずは天皇陛下のご即位、そして継承に関わる儀、そのすべてが滞りなく行われましたこと、遅ればせながら謹んでお祝い申し上げますm(_ _)m

新元号を記念してセール品を掲載いたしましたが、あっという間になくなってしまいました(^^;)

たくさんご利用いただきましてありがとうございました!

令和の時代もナットレザーをよろしくお願いいたします(^_^)

今回はLACONY(ラコニー)ファスナーの新デザインのサンプルが入荷してますのでご覧いただこうと思います。

その前にTALON(タロン)ファスナーも入荷しているのでお知らせしますね。

TALON 3号 SL175 ブラスゴールド

TALON 5号 SL143 ブラスゴールド

こちらのタロンファスナーですが、初回の注文時にはたくさんのお問い合わせとご予約ありがとうございました!

初回では意外とベル型のご注文が多くて驚きました。

ベル型は今後当店でも定番としての取り扱いを検討してます(^^)

さてこのタロンファスナーについては、有名なブランドなのでご存知の方も多く、当店でもお伝えすることがあまり多くないかもしれませんが、簡単に説明をさせていただきます。

タロンファスナーは会社としての起こりは1893年、アメリカのシカゴが最初の拠点となっていました。

(当時は別の社名で、TALONの名前を冠した会社が生まれるのはそのずっと後みたいです。)

その後、会社の所在地が度々移転したりするのですが、その中でもタロンファスナーは多くの支持を集めます。

有名なのは3号サイズ相当の42タロンですが、こちらはファスナーが閉じた状態のエレメントの幅が4.2mmであったことからその名前がついたと言われています。

日本のYKK社(吉田工業株式会社)さんが台頭する前はタロンが当時の世界シェアNo.1でしたが、そのシェアのピークでは、のちに「ファスナーが10本あれば7本はタロンだった」と言われるほどでした。

すごいですね〜(^^)

現在のファスナー(ジッパー)の形状を世界で最初に量産したのはタロン社ですが、これは非常に画期的で、広く受け入れられたことが伺えます。

残念ながら1990年代初頭にTALON社そのものは1度倒産して、直営の工場での生産もその後まもなく終わりを迎えたようです。

倒産の前にもタロンブランドが売却されて製造会社が変わったり、生産の拠点が国外に移ったりしてたみたいなので、厳しい状態が続いていたようですね(T_T)

ですので、当店での取り扱いを含めて現在流通しているもののほとんどは、香港などアジアを中心とした海外の工場でライセンス(認証)を受けて委託製造された現行品になります。

現在のタロンブランドのウェブサイトはこちらになります。

https://taloninternational.com

ファスナー以外にも多くの製品が現在も製造されていることが見て取れます。

やはりタロンはなくなってしまうにはあまりにも惜しいブランドなので嬉しいですね(^-^)

あと今回タロンの取り扱いからセット品というページを新たに追加しました。

グループ:セット品

3号と5号をセットにした「ラウンドファスナーパック」はセット品カテゴリーからもご覧いただけます。

こちらのセットはご予約時点から大変ご好評いただけたので、先日ラコニーも追加しました(^^)

単品でお求めいただくよりもお得な価格になっているので、ラウンドファスナーのウォレットや、バッグなどで3号5号をお使いの方はぜひセットでお求めになってください。

掲載しているのは3号16cm+5号45cmになっていますので、この組み合わせ以外はお問い合わせください(^^)

ここからはラコニーの新デザインのご紹介です(^_^)

新デザインの方は朝日ファスナーさんでの型番がREとなっています。

2019-05-13-16-34-30.jpg

もともと取り扱いのあるOGタイプと並べてみました。

3号です。

2019-05-13-16-36-51.jpg

こちらは5号。

2019-05-13-16-38-44.jpg

OGタイプは直線的でボリュームのあるスライダーなのに対して、REタイプは丸みもあり華奢な印象がありますね(^^)

どのくらいボリュームの差があるかというと、OGタイプの3号とREタイプの5号はほとんど大きさが変わらないくらいです(^^;)

交互に並べてみました。

2019-05-13-16-39-46.jpg

こうしてみるとOGタイプもすごいインパクトがありますね(^^)

横から見た形状にもわずかにですが違いがあります。

REタイプは引き手の中央部分がほんのすこしだけシェイプされています。

2019-05-13-16-35-22.jpg

5号の方が分かりやすいかもしれません。

2019-05-13-16-35-52.jpg

OGタイプの方は端に向かってすこし厚みが増すようになっています。

2019-05-13-16-37-04.jpg

WALDES(ウォルデス)とも比べてみましょう。

2019-05-13-20-44-21.jpg

ラコニーの引き手はキャスト(鋳物)による成型ですが、ウォルデスは板材からプレスで抜き出しているので平たい形状です。

IMG_8336.JPG

せっかくなのでラコニーとウォルデステープカラーの違いをご覧いただこうと思います。

2019-05-13-20-45-23.jpg

当店での表記は同じダークブラウンなのですが、ご覧の通りラコニーの方が濃色になってます。

これはいくつか理由があって、ウォルデスとラコニーの区別の意味もあるのですが、ややこしくてすみません(_ _;)

ですが思った以上にこの濃色のダークブラウンがご好評いただけています(^_^;)

(ありがとうございます!)

それでは各カラーをご覧いただきたいと思います。

まずはゴールドから。

2019-05-13-16-42-40.jpg

3号

2019-05-13-16-42-47.jpg

5号

2019-05-13-16-42-52.jpg

お次はシルバーです。

2019-05-13-16-44-25.jpg

3号

2019-05-13-16-44-32.jpg

5号

2019-05-13-16-45-11.jpg

ガンメタブラック。

2019-05-13-16-46-38.jpg

3号

2019-05-13-16-46-50.jpg

5号

2019-05-13-16-46-57.jpg

ローズゴールドです。

2019-05-13-16-49-13.jpg

3号

2019-05-13-16-49-38.jpg

5号

2019-05-13-16-49-51.jpg

ローズゴールドはピンクのテープカラーも定番としてご用意します。

2019-05-13-16-51-26.jpg

どれもきれいな仕上がりですね〜(^_^)

価格はすでに取り扱いのあるOGタイプと同じです。

※以下すべて税抜きです。

31RE(3号サイズ)

ゴールド&シルバー

16cm → 560円

20cm → 608円

30cm → 728円

ガンメタブラック

16cm → 572円

20cm → 620円

30cm → 740円

ローズゴールド

16cm → 634円

20cm → 694円

30cm → 844円

3号のゴールド、シルバー、ブラックは長さ1cm毎に単価が12円、ローズゴールドは長さ1cm毎に単価が15円変わります。

51RE(5号サイズ)

ゴールド&シルバー

40cm → 980円

45cm → 1,055円

50cm → 1,130円

ガンメタブラック

40cm → 1,010円

45cm → 1,085円

50cm → 1,160円

ローズゴールド

40cm → 1,120円

45cm → 1,220円

50cm → 1,320円

5号の方はゴールド、シルバー、ブラックは長さ1cm毎に単価が15円、ローズゴールドは長さ1cm毎に単価が20円変わります。

ラコニーの3号は新たに18cmと30cmを追加しました(^^)

3号の新サイズはOGタイプの方にも追加してます。


ファスナー > LACONY 3号サイズ


すみません、新サイズはすでにご好評いただいておりまして、現在品切れのカラーもありますm(_ _)m汗

今回ご覧いただいたREタイプはOGタイプの時と同様にご予約を承りたいと思います。

前回のOGタイプと同様に、ご予約の方にはご予約割引きとして10%引きでの販売とさせていただきます。

ご予約ご希望の方は5月30日までに当店へお知らせください。

納期は約4週間掛かります。

ご予約であれば長さやテープカラーを自由にお選びいただけるほか、その他の割引き(セット、まとめ買い)も併用可能ですので、仕様や本数などお気軽にご相談ください(^_^)

あと今後定番にしていきたいと思っているアイテムのサンプルを注文してみました。

こちらは5号の頭合わせです。

2019-05-13-22-15-52.jpg

頭合わせも雰囲気があってカッコいいですね(^^)

頭合わせのスライダーはノンロックになっていて、形状にも多少違いがあります。

2019-05-21-13-24-57.jpg

横から見るとこんな感じです。

2019-05-21-13-26-20.jpg

こちらはオートロックタイプ。

2019-05-21-13-26-38.jpg

あとノンロックタイプの裏側は無地になっています。

2019-05-21-13-26-07.jpg

オートロックタイプは数字とアルファベットの刻印入りです。

2019-05-21-13-32-32.jpg

ふたつを並べてみました。

2019-05-21-13-24-35.jpg

ノンロックタイプの方がすこし丸みがある感じですね(^_^)

頭合わせの価格はこちら。

OG、REタイプともに

ゴールド&シルバー

40cm → 1,205円

45cm → 1,280円

50cm → 1,355円

ガンメタブラック

40cm → 1,225円

45cm → 1,300円

50cm → 1,375円

ローズゴールド

40cm → 1,330円

45cm → 1,430円

50cm → 1,530円

通常の5号と同様にゴールド、シルバー、ブラックは長さ1cm毎に15円、ローズゴールドは長さ1cm毎に20円変わります。

こちらはラコニーの8号サイズ。

2019-05-13-22-10-23.jpg

さすが8号は大きいです(^^;)

3号、5号と並べてみます。

2019-05-13-22-11-26.jpg

存在感がありますね〜(^_^)

8号の価格は以下の通りです。

OG、REタイプともに

ゴールド&シルバー

40cm → 2,130円

45cm → 2,230円

50cm → 2,300円

ガンメタブラック

40cm → 2,150円

45cm → 2,250円

50cm → 2,350円

ローズゴールド

40cm → 2,355円

45cm → 2,480円

50cm → 2,605円

8号は長さ1cm毎にゴールド、シルバー、ブラックは20円、ローズゴールドは25円変わります。

どちらもけっこう高いですね(T_T)

今回REタイプのご予約を承りますが、5号の頭合わせと8号についても、ご希望があればオーダーをさせていただこうと思います。

その場合はスライダーのタイプはどちらでもご予約割引きを適用させていただきますので、お気軽にご相談くださいね(^^)

あと先日ご覧いただいたRACCAGNI(ラッカーニ)ファスナーも、展開するスライダーデザインや価格など、大体決定することができたので、近々ブログでご案内したいと思います。

このラッカーニファスナーですが、ブログへの掲載以降かなりたくさんのお問い合わせをいただいていまして、店長高橋自身かなり驚いています(゜゜;)

このラッカーニファスナー、実は当店からメーカーさんへの卸しはすでにスタートしてまして、新しいブランドの立ち上げなどに採用してもらってます(^^)

ショップ用のラッカーニのオーダーは6月中に行う予定なので、月末くらいにはブログでのご案内と併せてご予約の受付をさせていただきたいと思いますm(_ _)m

次回はこれまたお問い合わせの多い、THKホックのご紹介をしたいと思います。

ご期待ください(^^)

ご覧いただきありがとうございました!

Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

新元号記念セールのお知らせ

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 11:08
Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

だいぶ更新が滞っていてすみませんm(_ _)m汗

エイプリルフールのセールでは、たくさんの方にご利用いただきまして、ありがとうございました!

今回エイプリルフールのテーマを「閉店のお知らせ」としてみましたが、すこし驚かせてしまったようですみませんでした(^_^;)

嘘から出たまことにならないよう、これからも頑張って参ります(^^)

さて、もうすぐ平成が終わりますね〜。

明日からの新元号は令和に決まりましたが、個人的にはとてもいいと思います(^_^)

これからまた新しい時代が始まるのだと思うとなんだかワクワクしますね!

現在はゴールデンウィークの真っ只中で、最長で10連休という方もいらっしゃると思います。

各地でお車の事故が増えているようなので、お休みを利用して遠方に行かれる方はご注意くださいね!

お休みでない方は無理せずお仕事なさっていただけたらと思います(T_T)

当店はゴールデンウィーク前にバタバタとしてしまったため、期間中ご注文いただいたお客様には発送をかなりお待たせしてしまい申し訳ありませんでした(-_-;)

今回のゴールデンウィーク中には、トップページに記載の日程で発送業務を行いたいと思います。

おかげさまで現在たくさんのご注文をいただいていまして、発送にややお時間を頂戴しています。

お急ぎの方はなるべく対応させていただきますので、ご相談ください(^^)

あと少し先のお話になりますが、ご存知の通り、今年の10月に消費税の引き上げが予定されています。

最終的な決定についてはまだ発表はありませんが、予定通り現行の8%から一部品目を除き10%への引き上げが行われた場合、当店では送料の改定(値下げ)や、会員登録していただいた方へのポイント付与率の引き上げなどを検討しています。

これらは半年間など期間を限定とさせていただくかもしれませんが、もし上がるようであれば当店ではこんな感じで対応を考えています(^^)

引き上げの前後には混乱を生じることもあるかもしれませんが、まだ少し時間もありますので、今後もいろいろ考えてみたいと思います!

あと来月から元号が令和になるので、新元号を記念して1日午前10時から順次セール商品の掲載を行います。

明日の10時以降、以下のセール品ページからご覧になってください。


グループ:セール品


商品名に【令和記念】と記載してあるものが対象のセール品になります。

すみませんが今回対象のセール品は、同一名称の商品について、お求めいただける数に制限を設けさせていただいていますm(_ _)m

制限数は商品によって違いがありますので、「お一人様いくつまで」の表示を商品ページでご確認ください。

テンペスティ・ブラジルの1枚革やイギリス・ブライドルのカットレザーなどを特別価格でご用意してます。

長期在庫品や入れ替え予定の商品も、通常よりお求めやすい価格で掲載をしようと思ってます。

今回、天皇陛下の生前退位については、陛下ご自身に置かれましても非常に難しいご決断だったと拝察致します。

今回のご決断により、特例ながらも準備期間を経て皇太子様が新たに天皇になられることは、陛下、皇太子様、皇室のご負担軽減、また市民生活への影響が最小限に留まることを考えると大変喜ばしいことだと感じています。

ささやかではありますが、当店では1日からの記念セールでもって祝意に替えさせていただきたいと思います(^_^)

今回のセールは採算度外視のまたとない特別価格になりますので、ぜひお見逃しなく!(^^)

ご覧いただきありがとうございました!

Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

4月1日のお知らせ

  • 2019.04.01 Monday
  • 10:34
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

突然のお知らせになりますが、当店は5月31日をもって閉店とさせていただきます!

2017年7月のオープンから1年と11か月での閉店となりますが、長いようで短く、また短いようで長い間のご愛顧、誠にありがとうございました!!m(_ _)m

材料店としてまだまだやりたいこともたくさんあり、夢半ばだったので、店長高橋としても非常に残念ではありますが、このまま1人でお店を続けていくことが難しいと判断いたしました。

1度潰してしまったお店を再開することは恐らくないと思いますが、また革に携わることがあれば、そのときも面白いことに挑戦していきたいと思います(^^)

現在の在庫は近々セール価格で販売をしていきたいと思います。

これまで当店をご利用してくださった皆様には、感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました!!m(_ _)m



















あっ・・
















すみません・・

















・・・ウソっす(゜゜;)



すみません、今日はエイプリルフールということで、嘘をついてみました(^_^;)

どうでしょうか?面白くなかったですかね(^^)

あ、面白くなかったですか、すみません;;

当店は1人で営業させてもらっている小規模店舗なので、実際いつ閉店になるかは分からないのですが、しばらくは続けさせてもらおうと思っています(^^;)

1人では大変な部分もなくはないですが、個人のお客様からメーカーさんまで、当店は本当にたくさんの方にご利用いただいていますし、面白いのでまだまだ頑張らせていただきます。

もしご心配いただいた方がいらしたら、すみません(T_T)

1人で手が回らずご迷惑をお掛けしていることも多いので、それにつきましても本当にすみません(T_T)

エイプリルフールとはいえ、嘘をつくだけだと本当に面白くもなんともないので、セールだけはさせていただきますm(_ _)m汗

ご注文時に備考欄へキーワードとして「ブログ見た」と記載していただい方には、ご注文の商品金額から10%引きとさせていただきます。

すみませんがセール品、セット品と1枚革は対象外になりますm(_ _)m

まとめ買い割引きと今回のセールは、割引き額の大きい方が適用になります。

キーワードはブログをご覧いただいたことが分かればいいので、たとえば「ブログ」だけでも大丈夫です。

セール適用の期間は本日から4月3日23:59のご注文までとさせていただきます。

たぶん来年はこんなアホな嘘はつかないようにしますので、今回の機会をお見逃しなく!(^^;)

お客様へ大変感謝しているのは本当ですよ!!^_^

さてこの後平成に続く新元号が発表になりますね。

どんな元号になるのか店長高橋も楽しみです(^^)

次回当店のブログではラコニーの新しい方のデザインをご覧いただこうと思います。

ご期待ください(^^)

(今回もアホな記事を)ご覧いただきありがとうございました!

Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

新商品のご紹介:HASI-HATOバネホック

  • 2019.03.18 Monday
  • 17:16

こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)


この度ようやくホックの掲載を始めることができました。


お待たせしてすみません(T_T)


今回掲載をスタートしたのは、主にHASI-HATO(ハシハト)の国産バネホックになります。


なんと当店ではこのホックをメーカーさんから直接卸してもらえることになりました!


嬉しいですね(^_^)


それでは改めて商品のご紹介をしていきたいと思います。


まずはバネホックのNo.1です。頭径は9.6mm。


no.1.JPG


こちらはNo.2。頭径は11.5mm。


no.5 (2).JPG


No.1、No2は頭以外のパーツが共通になります。


IMG_8078.JPG


頭のパイプ径が同じなので、共通化が可能になっています。


IMG_8079.JPG


そしてこちらがやや大きめのNo.5で、頭径は12.6mmです。


no2s.JPG


10セット入りの価格はそれぞれ以下の通りです。※掲載価格はすべて税抜になります。


10セット(真鍮生地)

NO.1 210円

NO.2 220円

NO.5 260円


ここまでは以前ご覧いただいた通りですね(^^)


今回は頭の代用としてお使いいただけるハンシャパーツもご紹介したいと思います。


2019-03-18-15-38-45.jpg


ハンシャのサイズはNo.2とNo.5の2種類で、No.1のバネホックにはNo.2のハンシャがお使いになれます。


当店のバネホックの取り扱いが真鍮生地からスタートなので、ハンシャパーツも真鍮生地を取り揃えました。


ハンシャパーツは30個入りと100個入りをご用意してます(^^)


30個入り

No.2 100円

No.5 140円


100個入り

No.2 230円

No.5 320円


このハシハトのバネホックは非常に人気で、有名ブランドでも多く採用されています。


レザークラフトをされる方の中でも、すでに定番としてお使いいただいている方も多いと思います。


ただホックだけを見ると



「HASI-HATO(ハシハト)なの?HATO-HASI(ハトハシ)なの?^^;」



と疑問に思われるかもしれません。


どちらでも通じるので、個人的にはどっちの順で読んでもらってもいいと思いますが、一応メーカーさんではHASI-HATO(ハシハト)ということになってるみたいです。


刻印のHASI-HATOというのは社名ではなく、ブランドになるのですが、カタログの表記がHASIHATOです。


IMG_8081.JPG


全国に代理店さん(金具屋さん)がたくさんある関係で、当店でもメーカーさんについては詳細を書くことができないのですが、カタログは一部ご紹介という形で掲載の許可をいただくことができました。


カタログではこんな風に可能な組み合わせなどが一覧できるようになっています。


IMG_8084.JPG


定番品以外にも薄手用や、ソフトタイプなどいろいろありますね。


IMG_8083.JPG


そんなカタログにはトレードマークが入っています。


IMG_8086.JPG


橋と鳩でハシハトみたいですね(^^)


会社さんの名称を記載することができないので、当店では便宜上メーカーさんのことを、ハシハトさんとお呼びすることにします。


余談ですが、ハシハトさんの会社には鳥がいます。


インコが2羽と文鳥が2羽。


もともと1羽だけが貰われてきたそうですが、可愛がられているうちに増えたそうです。


さすが鳩がトレードマークになるだけあって愛鳥精神にあふれた会社さんですね(^^)ゞ


またハシハトさんにはウェブサイトがありません。


なので会社さん自体をご存じないとアポイントすることもできないのですが、そういった意味で今日においては非常に希少な会社さんかもしれません(^^;)


そんなハシハトさんは大正14年創業だそうで、あと数年で創業から100年を迎えるそうです。


すごいですね〜(^_^;)


すみません、商品のご紹介に戻りますね;


先ほど10セットの価格をご覧いただきましたが、10セットだと小分けになるためどうしても高くなりがちです;


申し訳ありません(T_T)


そこで当店では60セット入りをご用意することに致しました。


60セットの価格は以下の通りです。


60セット(真鍮生地)

NO.1 1,050円

NO.2 1,110円

NO.5 1,320円


まとめてお求めいただければ、1セット当たりの単価はすこしですがお得になります(^_^)


ホックが60個というとまあまあの量になってしまいますが、たくさん作るよ!という方や、ご友人同士で共有していただける方は、ぜひ60セット入りをご利用ください(^^)


ホックとハンシャパーツの商品ページはこちら。



真鍮製バネホック(HASIHATO・真鍮生地)


真鍮製ハンシャパーツ(真鍮生地)



ハシハトホックについては、当店が一次卸しになるためもちろん業販にも対応可能です。


ただ申し訳ありませんが業販の場合は、お支払い方法を銀行振込みに限らせていただきます(T_T)スミマセン


入り数はメーカーさんのロットになります。


先ほどのバネホックではこんな感じです。


※すべて頭付き4ツ組・真鍮生地・入り数1440個です。


No.1 16,944円


No.2 17,136円


No.5 20,280円


ハンシャセットや単品パーツでも取り扱い可能ですので、ここに掲載しているのは一例になります。


パーツごとや業販用のページは今後作成していこうと思います(^^)


ハシハトさんのホックには真鍮以外に鉄素材の方もありますが、そちらも業販可能ですので気になる方はお気軽にお問い合わせください。



ここからは打ち具についてご紹介していきたいと思います。


まずはオールマイティプレートです。


2019-03-18-16-13-16.jpg


こちらは協進エルさんのカタログ品です(^^)


サイドに刻印がエルさんの刻印が入ってます。


2019-03-18-14-55-58.jpg


今回は、打ち棒も同じくエルさんのカタログ品を掲載してます。


2019-03-18-12-32-09.jpg


打ち皿なのですが、オールマイティプレートだとホックの大きさによっては頭の曲面とプレート側が微妙に合わず、打ったときに頭側に跡が付く場合があります。


そういったときは、革や布を当ててもらうと軽減されると思うのですが、ハシハトさんで各規格に合わせた専用の打ち皿も用意されてます。


2019-03-18-12-37-10.jpg


試してみましょう。


左からNo.1、No.2、No.5の頭パーツです。


2019-03-18-16-40-12.jpg


乗せてみます。


2019-03-18-16-39-48.jpg


No.1です。


2019-03-18-16-36-42.jpg


No.2。


2019-03-18-16-36-45.jpg


No.5。


2019-03-18-16-36-49.jpg


横からご覧いただくと分かりやすいかもしれません。


2019-03-18-17-06-58.jpg


さすがメーカー純正工具、バッチリのハマり具合ですね(^_^)


こちらの純正工具は一部外注だそうですが、ほとんどはホックと同じ工場で生産されています。


あとこちらは掘削で作られているので、プレスで作られたものと違い、凹み部分にわずかにですが挽き目の跡があります。


2019-03-18-12-44-11.jpg


凹みの部分に頭パーツをセットしてもらってから強く回転の力が掛かると、跡が移ってしまう可能性がありますのでご注意ください。


それを嫌ってオールマイティプレートの方はプレス方式で作られているため、ハマりが悪くなければそういった心配は少ないです。


なのでどちらがいいかは難しいですが、すでにハシハトさんのホックをお使いの方も、「このサイズは跡が付く!」という経験をお持ちの方は、ぜひ純正工具の方も試してみてください。


価格は3サイズとも税抜850円になります。


エルさんのカタログの丸皿が450円なので、比べてしまうとちょっと高いですね(^_^;)スミマセン


今回打ち具の掲載を始めたので、カテゴリーに工具類を追加しました。



カテゴリー:工具類



打ち具の商品ページはこちら。



オールマイティプレート【10%off】


バネホック(HASIHATO)用打ち台



さて今回のご紹介はここまでになります。


真鍮は経年変化が魅力の素材なので、革と組み合わせてクラフトを楽しんでもらえたらと思います(^_^)


他にもTHKのホックなど掲載を準備している商品があるので、またご紹介していきますね。


ご期待ください(^^)


ご覧いただきありがとうございました!


Natt Leather(ナットレザー)

店長 高橋 浩幸

http://leather-material.com

info@leather-material.com

LINEAPELLE:2019年2月訪問記(1)

  • 2019.03.06 Wednesday
  • 14:27
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

実は先日、イタリアのLINEAPELLE(リネアペレ)に行って参りましたので、今回は会場のリポートをお届けしたいと思います。

今回の旅程は3泊6日、リネアペレの開催が3日間なのですが、3日間とも展示会会場に行ってきました。

ご覧いただける写真がだいたい180枚くらいと、そこまで量はないのですが、1度の記事に掲載するには少し多いため何回かに分けさせていただきます(^^;)

まずはリネアペレのご説明からさせていただきます。

LINEAPELLE(リネアペレ、またはリネアペッレ)は皮革を中心とした材料展示会で、イタリアでの開催は年に2回、出展企業は1000を超え、来場者数も2万人を数えます。

イタリア以外でもニューヨークやロンドンで開催されていますが、日本で開催される東京レザーフェア(TLF)も、
リネアペレとは協賛関係にあって特設ブースなどがあります。

参考までに東京レザーフェアの来場者数がおおよそ6000人弱くらいだったと思います。

改めて東京レザーフェアの来場者数って多いですね(^^)

LINEAPELLEという名前についてですが、イタリア語でPELLEは表皮や皮膚と革の両方の意味があり、LINEAは線という言葉になるそうです。

ただLINEAはほかにも道や進路、路線といった使い方もあるそうなので、LINEAPELLEを意訳すると、「革の道」ということで、展示によって今後の展開を指し示すというような意味合いがあるのかもしれません(^^)

最初から話が逸れますが、イタリア語ではPELLEのほかにCUOIO(クオイオ)も革として訳されます。

店長高橋自身は以前、革の意味での主な使い分けとして、PELLEの方が衣料や靴の甲革、革小物などの革を指し、CUOIOは靴の本底などを指すという風に教わりました(^^)ゞ

なので革底で仕立てられた靴に、‘VERO CUOIO(ヴェロ・クオイオ)’という表記(刻印)があって、本革としての証明になっていることがありますが、これが‘VERO PELLE’とはなりません。

(VEROはイタリア語で「本当の」とか「真実」といった意味です。)

ただ両方の単語に日本でいう鞣し革の意味を含むので、使い分けにはそこまで神経質にならなくてもいいのかもしれません。

外国語って難しいですね(^_^;)

そんなリネアペレのウェブサイトはこちら。

https://www.lineapelle-fair.it

オンライン上で出展企業の検索や、カタログのダウンロードなどもできます。

前置きが長くなってしまいましたが早速見ていきましょう。

今回移動の中心は鉄道だったのですが、会場の最寄りはRho Fiera(ロー・フィエーラ)という駅でした。

1 (2).jpg

写真でのご紹介は駅から始まっていますが、実際には空港から専用のシャトルバスで1度会場に向かっています。

会場からホテルに荷物を置きにいって、そこから電車を使って再度会場に向かいました。

(ホテルとはいっても正確には民泊のようなところだったのですが、すごく快適でした。)

後ろの電車はこんな感じです。

2 (2).jpg

けっこう落書き(グラフィティ?)がされていますね(゜゜;)

でも車両の色がきれいで素敵です(^^)

別の日の駅です。(こっちの写真は電車の中から撮っているかもしれません。)

1 (3).jpg

駅のホームから会場側の出口までは地下を通って少し歩きます。

歩いていると、壁面にリネアペレの広告が掲示されていました。

3 (2).jpg

広告もおしゃれ!

こちらは別の展示会のようです。

2 (3).jpg

先ほどの、別の日の駅の写真の後ろの方に写っていたのはこの車両っぽいです。

2 (4).jpg

かっこいい〜(゜゜)

(これが有名なフェラーリ特急なんでしょうか?)

地上に出るとすぐ、会場となっている国際展示場の入り口です。

出入り口付近の雰囲気はこんな感じ。

2.jpg

こちらは展示会初日の写真なのですが、とても天気が良かったです(^^)

3.jpg

会場の見取り図がありました。

1.jpg

この国際展示場なのですが、ものすごい広かったです。

どのくらい広いかというと、会場の外周を歩くと、掛かる時間が約1時間!

最終日に実際に外周をぐるっと歩いてみましたが、とても疲れました(^^;)笑

あとイタリア行きの告知などしていなかったので、いつもブログをご覧いただいている方を驚かせてしまっていたらすみません;

当店の主な取り扱いはイタリアンレザーなので、イタリアには前々から行かなければいけないと思っていたのですが、今回のリネアペレに合わせて、ようやく訪れることが出来ました。

店長高橋は海外に行くこと自体が初めてになるのですが、毎度の通り、今回のイタリアもひとりで行っています;

問屋さんや商社の方達からアテンド(案内)のお誘いもあったのですが、迷惑を掛けると悪いと思い、ひとりで行くことにしました;

アテンドのお誘いは本当に有難いことだったのですが、現地だと日本と違って「あっ、あれ面白そう!ごめん、ちょっと行ってくるね!(゜゜)」ってことが出来ないので遠慮してしまいました。

(念のため注:日本でもダメです。

冗談は置いておいて、早速会場の方へ向かっていきましょう。

この国際展示場ですが、入場の時点で手荷物検査があります。

ここでは荷物の中を開けて調べるのではなく、空港での検査のようにX線に通されます。

人間はその横で探知機のついたゲートをくぐり、ようやく入場ができます。

ここはちょっと混むので、写真はないのですが、テロなどへの安全対策なのだと思います。

入場してからリネアペレの受付(レセプション)に行くまでに、またけっこう歩きます。

途中に横断幕がありました。

4.jpg

先ほどの広告の別バージョン。

5.jpg

VALDARNO(ヴァルダーノ)社単独の案内もありました。

6.jpg

まあまあ歩いてようやく受付です(^^;)

7.jpg

受付ではエントリーシートを記入します。

8.jpg

記載するのは氏名や業種など・・難しい項目はありません。

書き終わったら名刺と一緒に受付に持っていきます。

そうすると初めてかどうかなど、多少の質問があって、すぐチケットが発行されます。

チケットはこんな感じ。

9.jpg

右下のあたりに当店と店長高橋の名前が記載されていますね(^^)

このチケット(E-TICKET)を1度発行してもらうと、開催期間中はいつでも入場することができるようになります。

実はこのチケット、事前にリネアペレの公式ウェブサイトから入力を済ませることで、事前発行が可能だそうです。

商社の方から「初めて行くなら事前に発行して持っていくと楽だと思うよ〜^^;」とアドバイスをもらっていたのですが、非常にのんきな店長高橋、出発の前日に思い出して入力をしようとしたところ、事前申し込みの期限切れで、発行することができませんでした(^^;)

アホですね(^_^;)

のんき過ぎて、パスポートの引き取りも出発の前日(閉館の5分前)という具合です;;

やっぱりアホですね(^^;)ゞ

話を戻して、会場に入っていきましょう。

チケットの右下にQRコードがあるのですが、このコードをゲートでスキャンして入場します。

ゲートはこんな感じ。

10 (2).jpg

この写真は内側から撮影しているのですが、前側にスキャンする部分があって、そこにかざすとゲートを通れるようになります。

中に入るとビジターズガイドと手提げ袋が備え付けてあります。

ガイドは台の中から、手提げ袋は吊り下げられているものをもらえます。

10.jpg

ガイドの表紙は写真を撮り忘れました;

ちょっと歩いたところで中を見ていると、タンニン鞣し協会が載っています。

11.jpg

12.jpg

さすが有名タンナー達ですね(^^)

このガイドなのですが、2日目に行った時にはもうなくなっていました(T_T)

13.jpg

もう一方も空っぽ!

14.jpg

受付付近以外にも備え付けられている場所はいくつかあったのですが、すべてなくなっていました;

(3日目には台そのものが撤去されていました;)

会場の中を見に行く前に、すこし周りを歩いてみました。

15.jpg

タンニン鞣し協会の案内がここにも!

16.jpg

次回開催の案内も出ていました。

17.jpg

それではいよいよ会場の中を見て回りたいのですが、すみません、ここでちょっとお詫びしないといけないことがあります(T_T)

今回各ブースで撮影と掲載の許可をもらったものをご覧いただく予定なのですが、革の写真しか撮っていませんでした;;

そのため各タンナーの人たちがまったく写っておらず、臨場感に欠けるものになっていると思います。

本当にすみませんm(_ _)m汗

海外のタンナー達とは、日本とは距離が離れているためになかなか会う機会も少ないのですが、実際に海外産の革を使ってもらっている方は、その革をつくっている人たちの顔が見えるだけでも親近感を感じてもらえるんじゃないかと思います。

当店ではそういったことを大事にしていきたいと強く思っていたのですが、今回の視察で当日そこまで頭を回すことができませんでした。

申し訳ありません;

革の写真はたくさん撮らせてもらいましたが、そういった理由で今回のリポートが面白くなかったら本当にすみません;;

店長高橋も出てきませんが、写真が嫌いとかそういったこともないので、機会があればいつか一緒に写真撮ってもらおうと思います(T_T)

そんなことを踏まえてもらった上で、まずはBretagna(ブレターニャ)社のブースからご覧いただこうと思います;

18.jpg

パネルの写真で一番右が現社長のPaolo Testi(パオロ・テスティ)氏です。

(パネルだけでのご紹介ですみません;)

一番左が先代に当たるGiovanni Testi(ジョバンニ・テスティ)氏で、この方がブレターニャ社の創業者になります。

なんと当日会場にいらしたので、ご挨拶させてもらうことができました。

嬉しかったです(T_T)

(写真無くて本当にすみません;)

伺ったときには残念ながら直接お会いできなかったので確かではないのですが、写真中央の方がパオロさんの息子さんかもしれません。

息子さんの名前はたしかSimone(シモーネ)さんだったような・・うろ覚えですみません;

余談ですが、シモーネさんって名前けっこう多いんですね(^_^;)

(パオロさんも!)

ブースの中を撮影させてもらえたのでご覧いただきましょう。

まずびっくりしたのはこれです。

19.jpg

こちらは新作になるそうなのですが、この写真だけだと普通の革ですね。

なんとこの革、防水仕様なんです!

20.jpg

写真だと伝わりにくいかもしれないのですが、上からシャワー状に水が落ちてきています。

21.jpg

ずっと水が滴っているのにも関わらず、いっさい水が染みていません。

これでタンニン鞣しだそうです。

パオロさんに『すごい!』と話していると、カットを切ってもらえたんですが、そのカットをパオロさんが水にヒョイッとつけてしまいました。

でもやっぱり染みてないんです。

すごすぎます(゜゜)

(そのときの写真無くてすみません;)

ブース内のほかの革はこんな感じでした。

23.jpg

今回メタリックな染色の革は多かった気がします。

24 (2).jpg

24.jpg

きれいなヌバックです。

25.jpg

ブレターニャのブースは比較的余裕のあるレイアウトでした。

26 (2).jpg

飾り方がおしゃれですね。

27 (2).jpg

上の棚にはバッグも並んでいました。

28 (2).jpg

こちらはSETA(セータ)というメタルフリー(金属不使用)の革で、環境負荷に配慮した革になっています。

26.jpg

ん・・?

27.jpg

あ、日本語!

28.jpg

分かりやすくて助かりますね(^^)

31.jpg

GHOST(ゴースト)がありました。

32.jpg

ゴーストは去年日本で行われたタンニン鞣し協会のセミナー会場にもありましたね。

こちらはシボ付きで、スムースと名称が分けられているのかもしれません。

30.jpg

右側のデザインレザーも独特な雰囲気があります。

29.jpg

こちらはメッシュの型押しです。

35.jpg

名称はたぶんTRECCIA(トレッチア)だと思います。

33.jpg

このメッシュは、穴あきのデザインになっているんです。

34.jpg

すごー(゜゜)

サンプル帳もありました。

36.jpg

39.jpg

おなじみのARIZONA(アリゾナ)もあります。

37.jpg

サンプル帳の方はパラパラと見せてもらっただけなのですが、定番から面白いデザインのものまでいろいろありました。

38.jpg

ブレターニャのブースはこんな雰囲気でした。

長くなってきたので、会場の写真はこのあたりまでにして、次回以降でまたほかのブースをご覧いただこうと思います。

ファスナーやホックの新商品も入荷する予定なので、ご紹介の記事を挟むかもしれません(^_^;)

そしてここからは革関係なくなるので、興味ない方は飛ばしていってくださいね(T_T)

今回店長高橋が宿泊したのはCertosa(チェルトーザ)という駅の近くになります。

こちらはホームの写真です。

40.jpg

駅の付近はこんな感じでした。

41.jpg

近くといってもだいたい15分くらいは歩きます(^_^;)

42.jpg

郊外のようですね。

43.jpg

このチェルト―ザなのですが、実は会場最寄りのロー・フィエ―ラの隣の駅なんです。

電車だと約5〜6分くらいで着くのですが、初日の視察を終えた店長高橋、こんなことを考えます。


「うーん・・・歩こっ(゜゜)」


地図で調べたら泊まっているホテルまで徒歩でだいたい1時間半くらいだったんです;

・・・アホですね(T_T)

おそらくアテンドなどしてもらっていたら、「あっ、今日ホテルまで歩いて帰りますー。じゃーねー(゜゜)ゞ」なんて言い出して相当困惑させてしまっていたと思うので、結果的にはひとりでよかったかもしれません(T_T)

そんなわけで(?)、初日は会場からホテルまで歩いて帰るのですが、ここからはそんな道中の写真になります;

こちらはロー・フィエ―ラ駅の地下です。

IMG_7858.JPG

歩いて帰るためにはどうやら会場とは反対側の出口から出ないといけないようです。

こちらは夕方の写真なのですが、駅自体が広いこともあってか誰もいません。

IMG_7860.JPG

案内板にはイタリア語と英語が表記してありました。

IMG_7859.JPG

こちらが会場とは反対側の出口です。

1 (4).jpg

このあたりはまだ駅の近くです。

44.jpg

しばらく歩いていると、もう使われなくなった工場のようなところがたくさんありました。

45.jpg

このあたりは人気があまりありませんでした(^_^;)

46.jpg

振り返ったらきれいな夕日を見ることができました。

47.jpg

ここはミラノ通りらしいです。

48.jpg

ミラノの看板。

49.jpg

すこし暗くなってきました。

IMG_7863.JPG

そして歩いていると大きい公園に差し掛かったのですが、日が暮れてきて真っ暗に!

50.jpg

写真だとまだすこし空が明るく見えるのですが、街灯がないところは暗くてほとんどなにも見えません;

51.jpg

ここからさらに30分くらい歩いてようやくホテルに着くんですが、暗くなってからは余裕がなかったためか、写真がありませんでした(^^;)

方向音痴な店長高橋、もちろんちょくちょく道に迷っていますよ!笑

念のため、海外は治安のいいところばかりではないので、夜のひとり歩きはあんまり真似しないでくださいね(T_T)

でも今回の記事でリネアペレに興味を持ってもらえたり、「ふーん・・(こんなアホでも)リネアペレってひとりでもけっこう簡単に行けるんだなぁ」って思ってもらえればうれしいです(^^)ゞ

余計な話を含めてしまったので長くなりました(_ _;)スミマセン..

次回以降の記事では当店でもおなじみのテンペスティやアズーラのブースをご紹介したいと思います。

ご期待ください(^^)

ご覧いただきありがとうございました!

Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

トスカーナ産植物タンニン鞣し革協会セミナー 2018年

  • 2019.02.18 Monday
  • 19:42
こんばんは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

去年の話になってしまいますが、2017年に引き続き「トスカーナ産植物タンニン鞣し革協会」のセミナーに行ってきましたので、今回はそちらの様子を記事にしようと思います。

2017年の同セミナーリポートはこちら→トスカーナ産植物タンニン鞣し革協会セミナー

今回も場所は2017年と同じく、東京・九段下のイタリア文化会館でした。

まずは1階の展示の革からご覧いただこうと思います(^^)

2018111923300400.jpg

今回はこんな感じで各タンナーの革が巻かれて置かれていました。

2018111923300402.jpg

2018111923300501.jpg

こちらの迷彩はアズーラかと思いましたが、Volpi(ヴォルピ)社でした(^^;)

ほかにも革の置かれた棚がたくさんありました。

2018111923300804.jpg

2018111923300803.jpg

こちらもアズーラのPegos(ペゴス)かと思ったのですが・・

2018111923300802.jpg

違いました(^^;)

どんどん見ていきましょう。

2018111923300801.jpg

一番下に気になる革が・・

2018111923300603.jpg

ワックス仕上げになっていますね。

アズ―ラのALASKA(アラスカ)という革と似ています(^^)

2018111923300602.jpg

擦ると地の色が出てきます。

2018111923300503.jpg

BRETAGNA(ブレターニャ)社のGHOST(ゴースト)だそうです(^^)

2018111923300800.jpg

こちらの棚にはきれいなイエローの革がありました。

2018111923300701.jpg

2018111923300702.jpg

IL PONTE(イルポンテ)社でした。

2018111923301401.jpg

2018111923301400.jpg

こちらにはMONTANA(モンタナ)社の革もありました。

2018111923300002.jpg

キャメルカラーのきれいなシボ革です。

2018111923300000.jpg

こちらもブレターニャ社でした(^^)

2018111923300003.jpg

下の生成りも気になります。

2018111923295900.jpg

2018111923295902.jpg

ヴォルピ社のTOIANO(トイアーノ)でした。

1階の展示には絵や革の作品もありました。

2018111923301101.jpg

2018111923301102.jpg


2018111923301000.jpg

2018111923301002.jpg

2018111923300902.jpg

壁面には本国イタリアの新施設がイメージされていました。

2018111923301500.jpg

これは向こうでの新しい施設だそうですが、大きいパネルで再現されています。

2018111923301501.jpg

2018111923301502.jpg

行ってみたいですね(^^)

セミナーが行われるのは地下なのですが、そこへ行く途中の通路にも作品が展示されていました。

2018111923302203.jpg

2018111923302300.jpg

2018111923302301.jpg

2018111923302200.jpg

2018111923302101.jpg

2018111923302102.jpg

2018111923302100.jpg

2018111923302103.jpg

2018111923302001.jpg

2018111923302000.jpg

2018111923301803.jpg

2018111923301900.jpg

2018111923301901.jpg

2018111923301903.jpg

2018111923301902.jpg

2018111923301802.jpg

2018111923301801.jpg

2018111923301800.jpg

2018111923301703.jpg

2018111923301701.jpg

2018111923301700.jpg

2018111923301702.jpg

2018111923301603.jpg

2018111923301602.jpg

2018111923301601.jpg

2018111923301503.jpg

どれも発想が面白いものばかりで、見ているだけでワクワクしました(^^)

会場では偶然最前列が空いていて、せっかくなので一番前に座らせていただきました。

2018111923310003.jpg

あと当日講演の前に話があったので、オープンな情報になったという解釈で書かせていただきますが、去年テンペスティの社長が亡くなられたそうです(T_T)

亡くなられたのはジョバンニ(Giovanni Tempesti)氏で、店長高橋もお会いする機会には恵まれませんでしたが、タンニン鞣し協会の初代会長であり、トスカーナの革鞣し業に多大な貢献をなさった方です。

ジョバンニ氏はトスカーナ(ポンテ・ア・エゴラ)地域ではいくつかの団体の顧問や組合長なども務めた有名人でもあります。

当店もテンペスティの革はオープン以来ずっと取り扱いをさせてもらっているので、初めて聞いた時には驚きを隠せませんでした(T_T)

当日亡くなられた理由についてのお話はありませんでしたが、店長高橋が去年に聞いた時にはどうやらガンだったということで、まだお若かったのに(70歳前とお聞きしました)、本当に残念でなりません;

遅ればせながらここに追悼の意を表したいと思いますm(_ _)m

(1度お会いしたかったです・・・。)

テンペスティは現在長男のジョルジオ氏が社長を継いでいます。

ジョルジオ氏とは12月のレザーフェアでお会いしましたが、写真で見るジョバンニ氏とそっくりに感じました(^^;)

(お二人ともけっこう大柄です。)

ジョバンニ氏についてのお話と、大使館の方のご挨拶の後、スライドショーが始まります。

2018111923310000.jpg

2018111923305900.jpg

2018111923305901.jpg

2018111923305803.jpg

スライドの中でタンニン鞣し協会のギャランティーカード(品質保証タグ)についても説明がありました。

2018111923305802.jpg

2018111923305801.jpg

2018111923305800.jpg

この時話があったのですが、二つ折りの新バージョンは供給がまったく間に合っていないそうです;

当店でも切り替えはもう少し先になりそうです(T_T)スミマセン...

2018111923305701.jpg

2018111923305700.jpg

2018111923305602.jpg

2018111923305601.jpg

2018111923305600.jpg

途中、会長でもあるバダラッシィ社のシモーネ・レミ氏も登壇されました。

IMG_20181115_170435.jpg

去年はかなり熱の入った講演で、同時通訳の音声がかき消えていましたが、今年は通常の声量でした(^^)笑

(今年も受付時に小型の機械をお借りして、そこから同時通訳の音声を流してもらってます。)

今回はレミ会長以外に、協会理事のパオロ・クワーリ氏や物理学者のグスターヴォ・デフェオ氏が登壇されてました。

こちらがデフェオ氏です。

IMG_20181115_164603.jpg

デフェオ氏からは革の色彩についてのお話を聞くことが出来ました。

2018111923305402.jpg

スライドにも登場します(^^)

2018111923305401.jpg

2018111923305300.jpg

2018111923304202.jpg

2018111923304200.jpg

2018111923304103.jpg

2018111923304101.jpg

2018111923304002.jpg

色彩について海外の専門家の方に講演してもらえる機会はそうそうないので、非常に興味深い内容でした(^^)

もちろんトスカーナの歴史についてもしっかり紹介されていました。

2018111923305101.jpg

2018111923305200.jpg

2018111923305001.jpg

こんな感じで大体1時間半ほどの講演でしたが、今回もとても面白かったです(^^)

講演の後は今回も懇親会がありましたが、毎度の通りお酒が飲めない店長高橋はお水と炭酸水をもらっていました(^^;)

今回はおいしそうな食事の写真を撮ったと思ったのですが、なぜかデータにはありませんでした;すみません;

さて少し話を逸らしてしまいますが、毎年のこのセミナーは非常に貴重な機会であると思います。

多くの方がお感じになっている通り、残念ながら日本は革材料に恵まれた国ではなく、海外の高品質の革などはなかなか手に入りにくい状況であると思います。

(これにはいくつか理由がありますが、多くの面で、と言って差し支えないと感じています。)

そんな中にあって、毎年商談以外で取り組みについて発表の場を設けるという活動は、他に類を見ず、本当に有難いことだと思っています。

トスカーナ産植物タンニン鞣し革協会、またイタリア大使館の皆様、

本当にありがとうございます!!


そしてその礎を築き、今はもう巨人となったジョバンニ氏へもう1度深い感謝を捧げます。

(ご覧いただきありがとうございました!)


Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

新商品のご紹介:RACCAGNIファスナー

  • 2019.02.01 Friday
  • 17:57
こんにちは。Natt Leather(ナットレザー)、店長の高橋です(^^)

なんと!

近々当店で、イタリアのファスナーブランド、RACCAGNI(ラッカーニ)の取り扱いを始めさせてもらえることになりました!

こちらは当店に入荷しているサンプルになります。

2018-12-18-11-46-21.jpg

こちらはSUPER R(スーパーアール)と呼ばれるラインです。

2018-12-18-11-47-23.jpg

左は3号、右が5号になります。

スライダー裏側には「RACCAGNI ITALY」の刻印が入っています。

2018-12-18-11-49-26.jpg

2018-12-18-11-50-31.jpg

スーパーアールはスーパーラッカーニと呼ばれることもあります(^^)

ラッカーニ社といえば、同じくイタリアのLAMPO(ランポ)やスイスのriri(リリ)と並ぶ、高級ファスナーとして有名です。

ラッカーニ社のウェブサイトはこちら。

https://www.raccagnigroup.com

上記のウェブサイトは最近新しくなりました(^^)

今回ラッカーニの取り扱いにご協力いただくのは、日本の正規代理店に当たる、渋谷01(ゼロワン)さんになります。

ゼロワンさんのウェブサイトはこちら。

http://01inc.jp

ゼロワンさんのウェブサイトは、本家ラッカーニの旧ウェブサイトと同じ構成になっています。

ラッカーニ社は国内でほかにも輸入をする会社がいくつかあり、当店もオファーを受けたことがありますが、取り扱いは渋谷ゼロワンさんが最大手になります。

一応渋谷ゼロワンさんが日本の正規代理店ということになっているのですが、台湾や韓国など、ラッカーニの代理店が存在しない国にも渋谷ゼロワンさんから供給を行なっています。

台湾や韓国などのブランドさんがラッカーニに問い合わせをすると、「日本にオフィシャルがあるからそっちから買って^^」と言われるみたいです。

なので日本の正規代理店というよりも、アジアにおけるラッカーニ社のビッグベンダー(大手窓口)というわけですね。

(社長ご自身が毎年イタリアへの訪問を欠かさず、信頼関係を培ってきた結果だそうです。)

そんな渋谷ゼロワンさんのご協力、また許諾を得たことで、当店がこの度ラッカーニ社の販売代理店として取り扱いを開始させていただけることになりました。

嬉しい!(^^)

また現時点でラッカーニ社の小売販売代理店が国内にないため、取り扱いが実現すれば小売販売を行うのは唯一当店のみになります。

ですがやはりイタリアの高級ファスナー、お値段もなかなかのものです(゜゜;)

当店が唯一、といっても国内初というわけではなく、過去には大手手芸店さんが取り扱いをしていたこともありました。

(このときもゼロワンさんが供給元だそうです。)

ただなかなか目標の消化率に達することができなかったようで、早い段階で取り扱いがなくなってしまったそうです。

ゼロワンさんの分析では、「小売販売の価格が高く、その時点では市場に受け入れられなかったのではないか」ということでした。

うーん、これは難しい(゜゜;)

そこで今回当店では、ラッカーニファスナーの小売販売価格についても、すべて渋谷ゼロワンさんの監修を受け、許可を得る形をとることにいたしました。

今後この監修によって、販売店(この場合は当店)での価格設定があまりにも高くなりすぎるということを防ぎ、より流通しやすい(つまりお求めやすい)ような販売体制を目指していきたいと思います(^^)

現在は取り扱い商品を選定している段階なので、商品決定後、価格についての申し入れをする予定です。

価格については決定しましたら再度ブログでご案内したいと思います(^_^)

ここからはほかのサンプルをご覧いただきましょう。

先ほどはニッケルでしたが、こちらはスーパーアールのゴールド。

2018-12-18-11-51-13.jpg

5号の方はサンプルとして長い間使用されていたそうなので、すこし傷が見えます(^_^;)

2018-12-18-11-52-11.jpg

お次はガンメタルです。

2018-12-18-11-52-27.jpg

ガンメタルは渋い印象ですね(^^)

こちらは同じくスーパーアールなのですが、エレメントがマルチカラーになってます。

2018-12-18-11-52-45.jpg

引手はライトゴールド、テープカラーはダークブラウンです。

各色を並べてみました。

2018-12-18-11-53-30.jpg

サンプルなので、実は長さもバラバラです(^^;)ゞ

スーパーアールは下止めがクリップ状になります。

2018-12-18-11-54-18.jpg

こちらがSYMMETRICA(シメトリカ)と呼ばれるラインで、頭合わせや尻合わせの可能な両面タイプです。

2018-12-18-11-54-41.jpg

シメトリカは3号5号のサンプルがなかったので、8号を送ってもらいました(^^;)

5号のスーパーアールと比較するとこんな感じです。

2018-12-18-11-56-25.jpg

8号は迫力がありますね〜(^^)

シメトリカの下止めはH型で、裏側から見ても表側と同形状になっています。

2018-12-18-11-56-47.jpg

2018-12-18-11-57-01.jpg

さて現在商品の選定中で、当店ではまずスーパーアールのニッケルカラーから展開の予定です。

引き手の種類も豊富なので、これもかなり悩んでいて、なかなか決まりません(^^;)

展開についてもなんとか早く決定して、またブログでご案内したいと思います。

初回のオーダーの際には、割引価格にてご予約を承りたいと思いますのでぜひご利用ください(^^)

ご覧いただきありがとうございました!

Natt Leather(ナットレザー)
店長 高橋 浩幸
http://leather-material.com
info@leather-material.com

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM